野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

北のドラフト候補192センチ右腕 元DeNA2軍監督は将来性に太鼓判「2、3年目には…」

星槎道都大の河村説人投手(4年、白樺学園)が26日のドラフト会議を心待ちにしている。192センチから投げ込む角度のある直球は最速150キロ。昨冬の大学日本代表候補合宿に招集された未完の長身右腕だ。

星槎道都大・河村説人【写真:石川加奈子】
星槎道都大・河村説人【写真:石川加奈子】

北の大地に現れた未完の大器に調査書7球団「こんなに注目されるとは…」

 星槎道都大の河村説人投手(4年、白樺学園)が26日のドラフト会議を心待ちにしている。192センチから投げ込む角度のある直球は最速150キロ。昨冬の大学日本代表候補合宿に招集された未完の長身右腕だ。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 大学4年生ながら年齢は23歳。亜大を4か月で退学し、地元の大学に入り直した右腕は「あっという間でした。他の人よりもいろいろな経験をしている分、心の強さや、地方の大学で自主性が身につきました。1年分、大人になることができたんじゃないかと思います」と5年間を振り返る。

 プロへの挑戦を後押ししてくれたのは、二宮至監督だった。右肘の状態が思わしくなく、リーグ戦4勝止まりだった昨季終了後、「おまえが思っている以上に周りの期待は大きいぞ」と本気で上を目指すべきだと説かれた。

 駒大から巨人に進み、DeNA2軍監督などを務めた指揮官の言葉には説得力があった。河村は「プロに行きたい思いはありましたが、当時はこんなに注目されるようになるとは思わず、未来像が描けない状態でした。『本当なのかな?』という思いもありましたが、プロの世界を知っている方がそう言ってくださったので」と覚悟を決めた。11月には大学日本大学候補合宿に初めて招集され、大学トップの選手から刺激を受けた。

 今秋は札幌六大学リーグで3勝1敗、防御率0.62の好成績を残してチームを優勝に導き、MVPに選ばれた。9月9日の東海大札幌戦では外角低めの直球とフォークで17三振を奪い、見守っていたスカウトをうならせた。明治神宮大会が中止となったため、大学時代に全国大会のマウンドに上がることはできなかったが、「優勝できたし、一番良いシーズンでした。やり残したことはないです」とさわやかに言い切る。

 角度のある直球と三振を奪えるフォークが注目されるが、今季はカーブを有効活用した。二宮監督は「あの上背で高いところから落とせば、タイミングをずらすことができる。プロは速いボールには合わせてくるから」とプロ入り後を見据えた投球術として指導。昨オフから塁間ほどの距離でカーブを投げて腕を振る感覚とリリースポイントの感覚を磨いてきた河村は「見逃されて、簡単にストライクを取ることができました。“ある”という印象だけでも違う。その後に投げる球に生きていますね」と改良したカーブを新たな武器に加えた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」