野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

シンガポールで野球を始めたドラフト上位候補 みちのくの150キロ右腕が待つ運命の日

今秋のドラフト上位候補、八戸学院大・大道温貴投手(4年、春日部共栄)。最速150キロの直球にスライダー、チェンジアップなどを持つ右腕は、1年春からリーグ戦で登板してきた。これまで同大学からは高橋優貴(巨人)ら9人が進んでいるが、そのうち、6人が投手。また好投手誕生の予感がする。運命のドラフト会議を前に、夢の扉の前に立つ大道にこれまでの歩みを聞いた。

八戸学院大・大道温貴【写真:高橋昌江】
八戸学院大・大道温貴【写真:高橋昌江】

投手育成に定評のある八戸学院大、大道温貴投手

 今秋のドラフト上位候補、八戸学院大・大道温貴投手(4年、春日部共栄)。最速150キロの直球にスライダー、チェンジアップなどを持つ右腕は、1年春からリーグ戦で登板してきた。これまで同大学からは高橋優貴(巨人)ら9人が進んでいるが、そのうち、6人が投手。また好投手誕生の予感がする。運命のドラフト会議を前に、夢の扉の前に立つ大道にこれまでの歩みを聞いた。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

最速150キロの直球にスライダー、チェンジアップなどを持つ右腕は、1年春からリーグ戦で登板してきた。

――春日部共栄高校から八戸学院大に進学した経緯を教えてください。

「高校の進路相談で『プロ野球に入りたい』と言ったのですが、本多利治監督から『お前が行くところはもう決まっている』と言われたのが、ここ(八戸学院大)でした。東北地方は力をつけて独り立ちできればピッチャーが輝けるじゃないですか。(八戸学院大の)正村公弘監督からは『関東から東北に来て、プロを目指すのもありなんだぞ』という話をされました」

――大学では1年春からはどのような取り組みを?

「最初はひたすら、思いっきり投げていました。2年生くらいまでは三振に興味がなくて、相手打者の木製バットを折ってやろうって感じでしたね。1年秋のリーグ戦の青森大戦で、1試合に7本のバットを折ったんですよ。だから、僕、下級生の頃はそんなに三振を取っていないんです」

――その後は?

「正村監督から1年秋にカットボール、2年春にチェンジアップを教わりました。そこから幅が広がり、変化球でも三振を取れるように。3年秋にはストレートが149キロに。今年に入って、スライダーが評価されていないことを知りました。僕、負けず嫌いなのでどうにかして打者の近くで曲がるスライダーを作りたくて、そこから練習しました」

――投手育成に定評がある正村監督の教えはどのようなものでしたか?

「3年秋までひたすら怒られていたので、甘やかしてもらえなかったことが一番じゃないですか。立ち振る舞いや場面での投球など、理想に近づいていなかったので。僕は『どこが悪かったんですか』とか聞いちゃうタイプ。漠然と怒られるのではなく、理由を理解したい。だから、よく言い合いみたいになりましたね。入寮3日目には“ケンカ”したので。でも、年々、徐々に監督の言っていることが分かっていきました」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」