野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

最速156キロにダル級SNS発信力? ドラ1候補の苫小牧駒大・伊藤大海を徹底解剖

2020年プロ野球ドラフト会議が26日に行われる。苫小牧駒大の伊藤大海投手(4年、駒大苫小牧)には、過去に例のない北海道の大学から1位指名の期待がかかる。侍ジャパン大学代表でクローザーも務めた156キロ右腕の魅力に迫る。

苫小牧駒大・伊藤大海【写真:石川加奈子】
苫小牧駒大・伊藤大海【写真:石川加奈子】

10種類にも及ぶ多彩な変化球、ストレートは最速156キロ…

 2020年プロ野球ドラフト会議が26日に行われる。苫小牧駒大の伊藤大海投手(4年、駒大苫小牧)には、過去に例のない北海道の大学から1位指名の期待がかかる。侍ジャパン大学代表でクローザーも務めた156キロ右腕の魅力に迫る。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

◯ボール

 最速156キロを誇る直球には力がある。回転数は2300を超えるが、伊藤は「回転数が多いから速くなるわけではないんです。しっかり縦に回転しているか。向きと傾きを重視しています」と語る。確認手段は遠投で、ブルペンでの投球は週1回程度。「遠投で(相手の)胸元に収まれば、(ホームベースまでの)18.44(メートル)はオモチャ」と笑う。

「小さい頃からキャッチボールをしっかりやってきて、高校時代もコントロールに困ったことはないです」と制球力の高さにつながっている。今秋の北海道六大学リーグではプレーオフも含め6試合38回1/3を投げて、四死球は9個だった。

 変化球も多彩だ。主体とするスライダー、カットボール、カーブ、スプリットのほか、チェンジアップ、ナックルカーブ、ツーシーム、フォークも操る。スライダーは縦と横の2種類、チェンジアップもサークルチェンジと直球の握りに近い高速チェンジアップの2種類。細分化すると合計10種類にも及ぶ。

 ボールを操る能力の高さは、ボールの中心にあるコルクを意識するという独特の感性から生まれているのかもしれない。「小さい頃から中心をイメージして投げてきました。何でも芯で捉えることは大事ですから」と伊藤は言う。

 昨冬の大学日本代表候補合宿で伊藤とキャッチボールをした星槎道都大の河村説人投手(4年、白樺学園)は「見たことのないボールが来て、捕るのが怖かったです。リリースがほかの人と違って、バチンという感じ。回転数がすごくて、本人に冗談交じりで『8回伸びている』と言ったほど。マンガみたいでした」と証言する。

 日本ハムの白井康勝スカウトは「魅力はストレートの強さと変化球の多彩さ。これだけ変化球があるので、先発、後ろ、どちらでも面白い」と即戦力として高く評価している。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」