野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

甲子園沸かせた富山の“逸材左腕”の紆余曲折 怪我と挫折乗り越えて迎える運命の日

森田駿哉投手。その名前を聞けば、アマチュア野球ファンの心は揺さぶれるのではないだろうか。富山商では北陸のドクターKとして話題を集め、甲子園で2勝を挙げ、ベスト16に進出。侍ジャパン高校代表にも選出された。法大を経て、Honda鈴鹿に入社。ドラフト指名解禁となる社会人2年目の今年、ドラフト候補に名を連ねる。23歳になった最速151キロ左腕は今、どんな心境でいるのか。

Honda鈴鹿・森田駿哉【写真:福岡吉央】
Honda鈴鹿・森田駿哉【写真:福岡吉央】

富山商、法大でも話題になった151キロ左腕・森田駿哉投手

 森田駿哉投手。その名前を聞けば、アマチュア野球ファンの心は揺さぶれるのではないだろうか。富山商では北陸のドクターKとして話題を集め、甲子園で2勝を挙げ、ベスト16に進出。侍ジャパン高校代表にも選出された。法大を経て、Honda鈴鹿に入社。ドラフト指名解禁となる社会人2年目の今年、ドラフト候補に名を連ねる。23歳になった最速151キロ左腕は今、どんな心境でいるのか。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 森田が投手を本格的に始めたのは高校生になってから。中学までは外野手も兼任だった。富山商で投手としてのイロハを学んだ森田は、高3の夏、甲子園に出場。日大鶴ヶ丘(西東京)を2-0で完封し、続く関西(岡山)戦でも1失点で完投。3回戦の日本文理(新潟)戦で5-6で敗れた、7回1失点と安定感を見せ、高校日本代表にも選出された。そしてU-18W杯では韓国戦で8回1/3、無失点の成績を収めた。

「富山にはプロを目指しているような選手はいなかったし、甲子園に出る前から大学に進学する予定だった。プロを目指すのは大学で実績を残してからでもいいと思っていたので、甲子園では集中して投げられました。富山では敵はいなかったけど、高校ジャパンでは、自分よりも凄い選手たちがいて、プロに行く選手は考え方も野球に取り組む意識も違うんだというのを肌で感じることができました」

 高校日本代表には、後にプロ入りし、活躍する智弁学園の岡本和真(現巨人)、前橋育英の高橋光成(現西武)、春江工の栗原陵矢(現ソフトバンク)、横浜の浅間大基(現日本ハム)、日本文理の飯塚悟史(現DeNA)、大阪桐蔭の香月一也(現巨人)ら、錚々たるメンバーがいた。

 大学進学時にはプロ志望届は提出せず。1年春は試合にも登板したが、その後、左肘を痛め、試合から遠ざかる。そして2年冬に左肘を手術。肘頭の部分にボルトを入れたことで、ようやく痛みから解放された。

「大学時代は1つの挫折というか、肘が治ってからも、今まで出ていた結果がなかなか出なかった。もっと野球のことを考えないといけないし、自分の体も自分自身で気をつけないとダメなんだなと考えさせられた」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」