野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「あそこで首を振れたのが成長」 広島3位の八戸学院大・大道が真っ向勝負のラスト登板

東北地区大学野球王座決定戦は10月31日、東北福祉大学野球場で行われ、八戸学院大(北東北大学野球連盟準優勝)は東北福祉大(仙台六大学野球連盟優勝)にタイブレークの延長10回、2-4で敗戦。26日のドラフト会議で広島から3位指名された最速150キロ右腕・大道温貴投手(4年、春日部共栄)は1-2の5回から登板し、6イニングを被安打2、10奪三振も、タイブレークの延長10回に勝ち越しを許した。それでも、東北福祉大の打者との真っ向勝負で力を示した。

八戸学院大・大道温貴【写真:高橋昌江】
八戸学院大・大道温貴【写真:高橋昌江】

広島から3位指名された最速150キロ右腕・大道温貴投手

 東北地区大学野球王座決定戦は10月31日、東北福祉大学野球場で行われ、八戸学院大(北東北大学野球連盟準優勝)は東北福祉大(仙台六大学野球連盟優勝)にタイブレークの延長10回、2-4で敗戦。26日のドラフト会議で広島から3位指名された最速150キロ右腕・大道温貴投手(4年、春日部共栄)は1-2の5回から登板し、6イニングを被安打2、10奪三振も、タイブレークの延長10回に勝ち越しを許した。それでも、東北福祉大の打者との真っ向勝負で力を示した。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 八戸学院大の先発はソフトバンクから育成2位指名された左腕・中道佑哉投手(4年、野辺地西)。2回と4回に四死球から失点し、1-2とリードされた5回から大道はマウンドに向かった。迎える先頭打者はヤクルトから4位で指名された「3番・ショート」の元山飛優主将(4年、佐久長聖)。「立ち上がりだったので、(打者が)元山というより、初回という感じで入りました」と大道。5球中、4球がストレート。最後は145キロ直球で遊直に仕留めた。「2週間前から大道をイメージして練習してきた」という元山は「準備はできていたんですけど、ショートの正面に飛ぶあたりがまだ体にキレが足りていないなと思います」と振り返った。

 続く、4番・小椋元太内野手(3年、一関学院)から空振り三振を奪うと、5番・楠本晃希内野手(4年、花咲徳栄)には右翼線二塁打を許したが、6番・生沼涼外野手(4年、飛龍)にカウント2-2から高めの145キロ直球を振らせてチェンジ。6回以降は8回2死から四球を出しただけで、東北福祉大打線を寄せ付けなかった。7回2死で再び、元山が打席に入ると、「完全に意識しました」と146キロの直球で空振り三振。走者がいなかったため、元山も「ホームランを打ってやろうと思っていました」と勝負をかけており、力と力をぶつけあった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」