野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ヤクルト4位の東北福祉大・元山が有終の美 「来年はレギュラーを獲って活躍」

東北地区大学野球王座決定戦は1日に東北福祉大学野球場で決勝が行われた。東北福祉大(仙台六大学野球連盟優勝)が富士大(北東北大学野球連盟優勝)をタイブレークの延長11回、3-2で下し、優勝した。先月26日のドラフト会議でヤクルトから4位指名された東北福祉大・元山飛優主将(4年、佐久長聖)が9回に同点本塁打、タイブレークの延長11回に決勝犠飛と「ヒーロー」になって、アマチュア野球を締めくくった。

9回に同点本塁打を放った東北福祉大・元山飛優【写真:高橋昌江】
9回に同点本塁打を放った東北福祉大・元山飛優【写真:高橋昌江】

決勝戦で富士大を下し優勝、元山は9回に同点弾、延長10回に決勝犠飛

 東北地区大学野球王座決定戦は1日に東北福祉大学野球場で決勝が行われた。東北福祉大(仙台六大学野球連盟優勝)が富士大(北東北大学野球連盟優勝)をタイブレークの延長11回、3-2で下し、優勝した。先月26日のドラフト会議でヤクルトから4位指名された東北福祉大・元山飛優主将(4年、佐久長聖)が9回に同点本塁打、タイブレークの延長11回に決勝犠飛と「ヒーロー」になって、アマチュア野球を締めくくった。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 打球がフェンスを越えていることを確認すると、元山は両腕を突き上げ、さらに拳を握って喜びを爆発させた。1点を追う9回の先頭打者。1ボールから投じられた高め直球にバットを振り抜いた。「まさか僕も入ると思っていなかった」。打球はライトフェンス上部に当たって、スタンドイン。相手右翼手がフェンスにぶつかっていたため、「捕られた」とも思った。数ミリずれていれば、打球が跳ね返ってきた可能性もある。球運を味方に試合を振り出しに戻し、「持っていっちゃったかな」とおどけてみせた。タイブレークの延長11回には1死二、三塁で打席が回ってくると、7球粘ってきっちり中犠飛を放った。これが決勝点となり、チームは優勝。「めちゃくちゃ嬉しい」と笑顔が弾けた。

 1、2打席目は、富士大の先発・金村尚真投手(2年、岡山学芸館)から三振を喫していた。「インコースのスライダーかカットボールを投げられ続けていた」と元山。3打席目からは「そこで、あえてインコースに立って、アウトステップを踏んだら見やすいんじゃないかと思った」と工夫をかけた。結果は中飛だったが、感触は得ており、同点本塁打、決勝犠飛へとつなげた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」