野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ロッテの窮地を救った若手たちの躍動…相次ぐ主力の離脱乗り越え“下克上”へ

2020年シーズン、ロッテは思わぬ戦線離脱に悩まされた。種市篤暉投手、ブランドン・レアード内野手、荻野貴司外野手、福田秀平外野手など、チームの主軸を担う選手たちが次々にけがに見舞われ、さらに首位・ソフトバンクとの決戦直前には、新型コロナウイルスがチームを襲った。

ロッテ・澤村拓一、藤原恭大、和田康四朗(左から)【写真:荒川祐史】
ロッテ・澤村拓一、藤原恭大、和田康四朗(左から)【写真:荒川祐史】

驚異の俊足で名をはせた和田康士朗

 2020年シーズン、ロッテは思わぬ戦線離脱に悩まされた。種市篤暉投手、ブランドン・レアード内野手、荻野貴司外野手、福田秀平外野手など、チームの主軸を担う選手たちが次々にけがに見舞われ、さらに首位・ソフトバンクとの決戦直前には、新型コロナウイルスがチームを襲った。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 主力が不在であったなかでも、西武と同率で並び、いまだCS出場ラインの2位につけているロッテ。苦しいチーム状況ではあったが、若手と助っ人が穴を埋める活躍を見せた。

 今季も1番打者としてチームをけん引していた荻野が、7月22日の試合中に右太ももを負傷。同じ外野手の福田秀は7月23日に右肩甲骨の亀裂骨折から復帰するも、8月29日に右恥骨筋の筋損傷により、再び登録抹消。荻野と福田秀の2度目の離脱で、外野陣が危機的状況に追い込まれた。

 そんな中、今季支配下登録をつかみ取った和田康士朗外野手が、持ち前の「俊足」で心配を吹き飛ばした。初スタメンで1番を任された8月16日の試合では、5打数3安打3盗塁という圧巻の成績でファンを驚かせ、「和田康士朗フィーバー」を引き起こす。現在は代走出場が多いなか、11月3日時点で22盗塁をマーク。俊足ぞろいのパ・リーグで3位の盗塁数を記録している。

 しかし、新型コロナにより、和田を含む13選手が登録抹消。また、チームの主砲・レアードが8月に腰痛で離脱し、治療のために一時帰国。リーグ優勝へのラストスパートという時期に主力が欠けてしまう事態に陥ったが、そのまま勢いをなくすロッテではなかった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」