野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹育成2位の八戸学院大・中道は「周東と一緒」 スカウトが明かす“成り上がる”秘訣

東北地区大学野球王座決定戦が10月31日、東北福祉大学野球場で行われ、八戸学院大(北東北大学野球連盟準優勝)は東北福祉大(仙台六大学野球連盟優勝)にタイブレークの延長10回、2-4で敗れた。先発は26日のドラフト会議でソフトバンクから育成2位で指名された中道佑哉投手(4年、野辺地西)。登板を見守った担当スカウトらは“世界記録”を樹立した快速選手のかつての姿を重ね、支配下へのポイントを明かした。

ソフトバンクから育成2位で指名された八戸学院大・中道佑哉【写真:高橋昌江】
ソフトバンクから育成2位で指名された八戸学院大・中道佑哉【写真:高橋昌江】

ソフトバンクから育成2位で指名された八戸学院大の中道佑哉投手

 東北地区大学野球王座決定戦が10月31日、東北福祉大学野球場で行われ、八戸学院大(北東北大学野球連盟準優勝)は東北福祉大(仙台六大学野球連盟優勝)にタイブレークの延長10回、2-4で敗れた。先発は26日のドラフト会議でソフトバンクから育成2位で指名された中道佑哉投手(4年、野辺地西)。登板を見守った担当スカウトらは“世界記録”を樹立した快速選手のかつての姿を重ね、支配下へのポイントを明かした。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 夢の扉が開いてから初めて立ったマウンドはほろ苦かった。四死球でピンチを招いて4回まで2失点。「全然、ダメでしたね。みんなに申し訳ないなという気持ちです。プロでこうならないように、修正していくだけ」。変則的な投球フォームから最速146キロの直球にスライダー、スプリット、チェンジアップを織り交ぜた投球スタイルの左腕の表情は冴えなかった。

 だが、反省ばかりが口をついた本人とは逆に、担当の作山和英アマスカウトチーフ補佐は心配はしていない様子だった。3安打のうち、1本が内野安打。ヤクルト4位の元山飛優遊撃手(4年、佐久長聖)に打たれた右翼線二塁打もやや詰まり気味だった。それだけに、「捉えられた当たりはあまりなかった。ボールの出どころが見づらく、140キロ超えのストレートで差し込んでいる。持ち味を出しているんじゃないかな」。そして、こう言った。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」