野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「圧倒的な差は感じなかった」 DeNA期待の伊勢大夢が同級生・森下から受ける刺激

今シーズン、投手陣の故障が相次いだDeNAだが、その中で活きの良さを発揮したリリーバーがいる。ルーキー右腕の伊勢大夢だ。

DeNA・伊勢大夢【写真提供:横浜DeNAベイスターズ】
DeNA・伊勢大夢【写真提供:横浜DeNAベイスターズ】

明治大では今季新人王候補の広島・森下とチームメート「完成度が高い」

 今シーズン、投手陣の故障が相次いだDeNAだが、その中で活きの良さを発揮したリリーバーがいる。ルーキー右腕の伊勢大夢だ。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 今季は中継ぎとして31試合に登板し、3勝1敗4ホールド、防御率1.59の好成績。勢いのあるストレートを武器に34イニングを投げて37三振を奪うなど、投げっぷりの良さが印象的な22歳だ。明治大から2019年ドラフト3位指名を受けて入団すると、155キロに迫る力強いストレートでアピールに成功し、開幕1軍の座を勝ち取った。

 伊勢がプロ入りを意識し始めたのは、大学1年生の時。野球部の同期には、今季新人王の最有力候補とされる森下暢仁(広島)がいた。森下は大分商時代から持ち前の投球センスを発揮。高校代表に選ばれるなどプロスカウト注目の逸材で、本人がプロを希望すればドラフト上位指名は確実だとされていた。だが、選んだの明治大進学だった。

「高校から本当はドラフト上位で(プロに)行けたっていう森下と、一緒の大学でやることになって、プロを意識するようになりました。自分の目の前に、ドラフト上位になる可能性があった選手、プロとのボーダーラインとも言える選手がいたので、頑張って食らいついていけば、自分もどうにかなるかな、と」

 投手・森下を「完成度が高い」と評する伊勢だが、「そんなに圧倒的な力の差は感じなかった」という本音もあった。

「アイツより何か1つ抜ければ(プロに)いけるかな」

 森下という存在を通して、伊勢は自分とプロの距離感を計っていた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」