野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

DeNAバッテリーが振り返る「会心の1球」 守護神・三嶋がレベルアップを感じた球

シーズンを通じて、捕手は数多くの投手を相手に何千球という球を受ける。投げ込まれる球は投手によって多種多彩。試合状況を加味すれば、全く同じ球が生まれることは2度とない。それぞれの球が様々な意味を持つ中で、バッテリーの心に鮮烈な印象を残す「会心の1球」とは……。

DeNA・三嶋一輝【写真提供:(C)YDB】
DeNA・三嶋一輝【写真提供:(C)YDB】

10月16日の本拠地・巨人戦、9回2死から吉川尚輝を仕留めた膝元ストレート

 シーズンを通じて、捕手は数多くの投手を相手に何千球という球を受ける。投げ込まれる球は投手によって多種多彩。試合状況を加味すれば、全く同じ球が生まれることは2度とない。それぞれの球が様々な意味を持つ中で、バッテリーの心に鮮烈な印象を残す「会心の1球」とは……。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 DeNAの8年目右腕、三嶋一輝が記憶に残る1球に挙げるのは、10月16日、本拠地・巨人戦で試合を締めくくった最後の1球だ。今季途中から守護神を拝命した三嶋は、同級生キャッチャーの戸柱恭孝とコンビを組み、巨人・吉川尚輝を時速153キロのストレートで見逃し三振に仕留めた。ハマの同級生バッテリーが揃って「会心の1球」と話す、このボールについて三嶋、戸柱、それぞれのストーリーをお届けする。三嶋が語る、この1球に込めた想いを聞いてみよう。

 ◇ ◇ ◇

 コロナ禍により開幕が遅れた今季。異例づくしのシーズンを送る中、セ・リーグは中盤から巨人が独走態勢となる。10月16日。着実に優勝マジックを減らす巨人を本拠地に迎えたDeNAは、中日、阪神との2位争いにとどまるべく、1つでも多く勝利を重ねておきたい状況だった。

 カード初戦のこの日。両チームは互いに一歩も譲らず、7回までスコアボードには「0」が並んだ。そして8回、巨人が坂本勇人の犠飛で1点を先制すると、その裏にDeNAは主将・佐野恵太が同点ソロ。さらに、2死二塁から大和が右翼へタイムリー二塁打を放ち、2-1と逆転に成功。ここで9回のマウンドに上がったのが、守護神・三嶋だった。

 先頭の田中俊太にいきなり右翼へ三塁打を許し、無死三塁の大ピンチ。だが、大城卓三と立岡宗一郎を続けてフォークで空振り三振に斬ると、最後は吉川尚を3球で見逃し三振。左打者を3者連続三振に斬った三嶋は、今季15セーブ目をマークした。

 吉川尚との対戦を、三嶋はこう振り返る。

「最後のアウトを取るまで、それまで2人の左バッターに対してフォークを多めに使った結果、三振、三振と取ることができました。そして、吉川(尚)選手も同じ左バッターで、ボールに当てるのがすごくうまい選手。なおかつストレートが強いというデータも、もちろん頭の中に入っていました。

 追い込む過程の2球はフォークを使わずに、初球はまずインコースにスライダー。ギリギリのコースをファウルにしてもらいましたが、あれも狙い通りだったんです。その後の2球目はフォークという選択肢もありました。でも、フォークという意識は頭の中のどこかにあるだろうと考えて、真っ直ぐを投げました。これがファウルになったんですが、吉川選手にしては意外と差し込まれ気味の打球だったんですね。そこで僕は『もう1球、インサイドに真っ直ぐ。高さは2球目よりも低く、もっと厳しいコースを突けば通る』と思ったんです」

【PR】オフシーズンコンテンツも充実! プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」