野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

異例の「取締役GM兼監督」 数字から見る楽天・石井一久監督が解決すべき課題とは?

楽天は12日、来季の監督に石井一久GMが就任することを発表した。編成を司るGMもこのまま兼任し、肩書きは「取締役GM兼監督」に。編成、現場の指揮の双方を掌握する“全権監督”として2013年以来のリーグ優勝を目指す。一方で今季就任したばかりだった三木肇監督は2軍監督へと配置転換となった。

来季監督に就任が決まった楽天・石井一久GM(左)と立花陽三代表取締役社長【写真提供:楽天野球団】
来季監督に就任が決まった楽天・石井一久GM(左)と立花陽三代表取締役社長【写真提供:楽天野球団】

ソフトバンクに大きく負け越し、最下位オリックスも負け越し

 楽天は12日、来季の監督に石井一久GMが就任することを発表した。編成を司るGMもこのまま兼任し、肩書きは「取締役GM兼監督」に。編成、現場の指揮の双方を掌握する“全権監督”として2013年以来のリーグ優勝を目指す。一方で今季就任したばかりだった三木肇監督は2軍監督へと配置転換となった。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 この日、オンラインで行われた会見で石井新監督は「ポテンシャルはあるチーム。ただ勝負弱いところがあり、今シーズンはそれが出てしまったと思っています。来シーズンは弱点を克服し、作り替えて骨太のチームにしたいです」「今までのチームの良さもあるので、そこは壊さずに、弱いところを作り直して、いろいろなところに対応できるチームにしたい。打ち勝つだけではなく、守り勝つこともできる野球、チームにバリエーションを持たせることで実現できると考えています」と語った。

 では、今季の楽天のチーム成績などから、来季に向けて解消しなければならない課題を検証してみたい。

 今季120試合で55勝57敗8分の借金2でリーグ4位に終わった楽天。開幕直後は3カード連続で勝ち越して首位に立つなど好調で、8月下旬までソフトバンク、ロッテと激しく首位の座を争っていた。ただ、終盤に入ると、4連敗や3連敗など、大型とは言わないまでも細かい連敗が多くなった。

 ロッテには15勝8敗と大きく勝ち越しながら、ソフトバンクには9勝15敗と大きく負け越し。ソフトバンクとロッテがカモにしていた最下位のオリックスに10勝12敗2分と負け越し、西武にも10勝12敗2分。日本ハムにも勝ち越したとはいえ、11勝10敗3分とほぼ5割だった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」