野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

早大・小宮山監督から託された楽天ドラ1早川の育成とは「野球がうまいだけでは…」

楽天ドラフト1位の早大・早川隆久投手が24日、都内のホテルで球団と交渉し、契約金1億円、年俸1600万円(金額は推定)で入団に合意。最速155キロ左腕の育成は、元プロでロッテ、横浜(現DeNA)、米大リーグ・メッツで活躍した早大・小宮山悟監督から、楽天・石井一久GM兼監督へと引き継がれる。

楽天から1位指名を受けた早大・早川隆久【写真提供:楽天野球団】
楽天から1位指名を受けた早大・早川隆久【写真提供:楽天野球団】

早大・小宮山監督の教え「打者を3球以内に2ストライクに追い込め」でドラフト1位左腕に成長

 楽天ドラフト1位の早大・早川隆久投手が24日、都内のホテルで球団と交渉し、契約金1億円、年俸1600万円(金額は推定)で入団に合意。最速155キロ左腕の育成は、元プロでロッテ、横浜(現DeNA)、米大リーグ・メッツで活躍した早大・小宮山悟監督から、楽天・石井一久GM兼監督へと引き継がれる。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 小宮山監督からは「まずは体を大事にすること。その上で、プロで活躍することは早稲田大学にとって希望であり、未来の早稲田大学の野球部の選手にもつながる」とハッパをかけられたという早川。昨年1月1日付で就任した小宮山監督から2年間指導を受けたことは、早川の野球人生にとって画期的だったようだ。

「小宮山監督に出会ってから、コントロールの重要性を学びました。『投手は打者を3球以内に2ストライクに追い込むこと。そうすれば被安打率が下がる』と教わりました」と振り返る。

 千葉・木更津総合高時代も、最速146キロ左腕として知られていた。3年生の夏の甲子園大会後には高校日本代表に選ばれ、台湾で行われたU-18アジア選手権に出場。当時の投手8人のうち、早川以外の7人が高卒でプロ入りした。作新学院・今井(西武)、広島新庄・堀(日本ハム)、横浜・藤平(楽天)、東邦・藤嶋(中日)らである。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」