野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

DeNA梶谷、ヤクルト小川は争奪戦も? ロッテ澤村ら今オフにFA宣言した5選手は…

NPBは5日、フリーエージェント(FA)権の行使選手を公示した。FA宣言した7選手のうち、DeNA・梶谷隆幸外野手と井納翔一投手、ロッテの松永昂大投手、ヤクルトの小川泰弘投手が他球団への移籍を視野に国内FA権を行使。ロッテの澤村拓一投手はメジャー挑戦を視野に海外FA権を行使した。6日から交渉が解禁となる。

ヤクルト・小川泰弘、DeNA・梶谷隆幸、ロッテ・澤村拓一(左から)【写真:荒川祐史】
ヤクルト・小川泰弘、DeNA・梶谷隆幸、ロッテ・澤村拓一(左から)【写真:荒川祐史】

DeNA梶谷&井納らは国内FA権、ロッテ澤村は海外FA権を行使した

 NPBは5日、フリーエージェント(FA)権の行使選手を公示した。FA宣言した7選手のうち、DeNA・梶谷隆幸外野手と井納翔一投手、ロッテの松永昂大投手、ヤクルトの小川泰弘投手が他球団への移籍を視野に国内FA権を行使。ロッテの澤村拓一投手はメジャー挑戦を視野に海外FA権を行使した。6日から交渉が解禁となる。

【動画】メジャーも注目? “超人ギータ”が驚愕のパワーを披露! 悠々バックスクリーンへ消える鷹・柳田の爽快特大弾

 梶谷はプロ14年目の今季は主に1番として打線を引っ張った。109試合に出場し、リーグ2位の打率.323、19本塁打、53打点をマーク。規定打席に到達したシーズンではキャリアハイのハイアベレージだった。10月27日にFA権行使の申請書類を提出。権利行使について、梶谷は「宣言残留を球団が認めてくださっているので、その中で他球団の評価もやっぱり聞きたいなということで、宣言しました」と理由を明かした。

 プロ8年目の井納は今季開幕からローテを守り、17試合登板。6勝7敗、防御率3.94の成績を残した。エース今永ら負傷者が出る中で安定して投球回を投げた。通算50勝を挙げている34歳右腕は「来年35歳で(FA権を)持っていても仕方ない部分もあります。他球団の僕に対する評価とか、そういうことではなくて。ただ持っていてもしょうがないので、使わせていただいたということです」と権利行使の理由を説明した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」