野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

遊撃手のGG賞は坂本か?京田か? セイバー指標で見るセ・リーグの守備の名手は…

セ・パ両リーグで守備の優れた選手に贈られるのが「三井ゴールデン・グラブ賞」だ。この賞は新聞社、通信社、放送局のプロ野球記者で取材歴5年以上のキャリアを持つ者による投票で選ばれ、今年は12月18日に受賞選手が発表される。

中日・京田陽太(左)と巨人・坂本勇人【写真:荒川祐史、読売巨人軍提供】
中日・京田陽太(左)と巨人・坂本勇人【写真:荒川祐史、読売巨人軍提供】

セイバーメトリクスの指標「UZR」から守備で貢献した選手を検証

 セ・パ両リーグで守備の優れた選手に贈られるのが「三井ゴールデン・グラブ賞」だ。この賞は新聞社、通信社、放送局のプロ野球記者で取材歴5年以上のキャリアを持つ者による投票で選ばれ、今年は12月18日に受賞選手が発表される。

【動画】メジャーも注目? “超人ギータ”が驚愕のパワーを披露! 悠々バックスクリーンへ消える鷹・柳田の爽快特大弾

 選考対象となるのは、投手では規定投球回以上投げている選手またはチームの試合数の3分の1以上(今季は40試合以上)に登板している選手。捕手は試合数の2分の1以上を捕手として出場している、内野手は試合数の2分の1以上で1つのポジションの守備に就いている、外野手は試合数の2分の1以上を外野手として出場していること、と定められている。この条件をクリアした有資格選手から、記者投票で受賞選手が決まる。

 では、このゴールデングラブ賞の発表を前に、科学的に野球を分析することを目的とするセイバーメトリクスの指標から、各ポジションで最も優れた守備指標を記録した選手を検証してみたい。対象とするのは、各ポジションのゴールデングラブ賞有資格選手に限定し、投手は守備指標に大きな差が生じないために対象とはしていない。

 検証のデータは、セイバーメトリクスの指標を用い分析などを行う株式会社DELTA(https://1point02.jp/)のデータを基にした。セイバーメトリクスで用いられる「UZR」はリーグにおける同じ守備位置の平均的な選手が守る場合に比べて、守備でどれだけの失点を防いだかを表す指標。これを用いて、今季の守備の貢献度を測ってみたい。今回はセ・リーグ編だ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」