野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「クレープじゃなくてプロテイン!」 女子野球部にも注ぐ“駒大苫小牧の真髄”

野球人口の底辺拡大を願い、Full-Countでは女子野球の「今」を伝える連載を随時展開している。第2弾は、今春に女子硬式野球部を創部した駒大苫小牧の奮闘に迫る。男子野球部の副部長、部長として2004、2005年の夏の甲子園優勝に貢献し、昨秋から女子野球の世界へと飛び込んだ茶木圭介監督。これまで培ったノウハウと人脈を生かし、女子野球の発展という新たな夢を追う熱血漢を、全3回に渡って紹介する。

駒大苫小牧女子硬式野球部・茶木圭介監督【写真:石川加奈子】
駒大苫小牧女子硬式野球部・茶木圭介監督【写真:石川加奈子】

女子野球の「今」伝える連載…第2弾は女子野球部創設の駒大苫小牧

 野球人口の底辺拡大を願い、Full-Countでは女子野球の「今」を伝える連載を随時展開している。第2弾は、今春に女子硬式野球部を創部した駒大苫小牧の奮闘に迫る。男子野球部の副部長、部長として2004、2005年の夏の甲子園優勝に貢献し、昨秋から女子野球の世界へと飛び込んだ茶木圭介監督。これまで培ったノウハウと人脈を生かし、女子野球の発展という新たな夢を追う熱血漢を、全3回に渡って紹介する。

「圧倒的」な強さで世界一を目指す 侍ジャパン女子代表・中島監督がW杯7連覇に懸ける想い(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 丸刈りで強面にも見える茶木監督が、茶目っ気たっぷりの笑みを浮かべながら1期生24人に語りかけた。

「いいか、普通のJKはクレープを食べている。お前たちはプロテインを飲め!」

「いいか、普通のJKはマイクを持っている。お前たちは鉄バットとハンマーを持て!」

 相手が男子から女子に変わっても、状況に応じて選手の気持ちを引き締めたり、乗せたりするのはお手の物だ。

「突っ走ったなぁ。何もないところに飛び込んで来てくれた子たち。僕ができる精一杯を向けました」。茶木監督は、そう言って1年目を振り返る。創部した今春、いきなりコロナ禍に見舞われた。公式戦は全て中止に。目標を見失いそうになる選手たちをその熱血ぶりで引っ張った。女子プロ野球選手から指導者に転身した佐藤千尋部長は「熱量に心を動かされます。教育ってこういうことなのかと。器の大きさ、周りを見る視野の広さ、いろんなことを感じさせてくれます」と尊敬の眼差しを注ぐ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」