野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

中日・木下拓、大野雄の最優秀防御率のために描いた“禁断の手”「パスボールなら…」

木下拓哉。29歳。中日の正捕手の座に最も近い男だ。今年はキャリアハイの88試合に出場し、2割6分7厘、6本塁打、盗塁阻止率4割5分5厘。大野雄大とともに最優秀バッテリー賞を受賞。5年目のブレーク。その要因は「準備」と「ひらめき」だった。

中日・木下拓哉【写真:荒川祐史】
中日・木下拓哉【写真:荒川祐史】

今季キャリアハイの88試合に出場して最優秀バッテリー賞を受賞した木下拓

 木下拓哉。29歳。中日の正捕手の座に最も近い男だ。今年はキャリアハイの88試合に出場し、2割6分7厘、6本塁打、盗塁阻止率4割5分5厘。大野雄大とともに最優秀バッテリー賞を受賞。5年目のブレーク。その要因は「準備」と「ひらめき」だった。

【動画】ドアラが危ない! 広島・鈴木誠也の特大弾がドアラを襲った衝撃シーン

「過去4年間、大した数字も残せてないですし、今年やらないとダメだと思っています。まずは開幕マスクが目標です」

 2月の沖縄キャンプで木下拓はこう決意を口にしていた。しかし、開幕スタメンに名前はなし。シーズン序盤はチームも振るわず、捕手はほぼ日替わり。8月末まで木下拓の連続スタメンマスクは最長で3試合。目立つ存在ではなかった。

「チャンスが来れば、結果を残す自信は密かにありました。試合に出ようが、出まいが、準備だけは怠りませんでした」

 そんな彼に神様が微笑み始める。9月にライバルの不振や怪我が重なり、出場機会が増えた。実はこの時期に転機となる打席を迎えていた。9月11日。横浜スタジアムのDeNA-中日13回戦。木下拓は8番でスタメン出場。4回、中日は阿部寿樹の2点タイムリーで3対0とリードを広げる。その阿部を一塁に置き、1死となった後に木下拓が打席へ立った。ここでも準備を徹底した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」