野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ハム中田の108打点と鷹周東の50盗塁はどれだけ凄い? 143試合換算でわかる“傑出度”

2020年のプロ野球は、新型コロナ感染拡大の影響で開幕が3か月延期され、従来の143試合制ではなく、120試合に短縮された。試合数減の影響は、各選手の成績にも波及。本塁打、打点、安打、盗塁などの積み上げ式の記録では、昨季までと同等の数字を残すことは難しい状況だった。

日本ハム・中田翔(左)とソフトバンク・周東佑京【写真:石川加奈子、藤浦一都】
日本ハム・中田翔(左)とソフトバンク・周東佑京【写真:石川加奈子、藤浦一都】

自身3度目となる打点王に輝いた中田、本塁打も31発マーク

 2020年のプロ野球は、新型コロナ感染拡大の影響で開幕が3か月延期され、従来の143試合制ではなく、120試合に短縮された。試合数減の影響は、各選手の成績にも波及。本塁打、打点、安打、盗塁などの積み上げ式の記録では、昨季までと同等の数字を残すことは難しい状況だった。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 そんな中、日本ハムの中田翔内野手は、108打点を稼いで自身3度目の打点王に輝き、本塁打数もリーグトップまであと1本に迫る自己最多の31本を記録。チームの主砲として活躍を続けてきた中田にとっても、今季はキャリアハイに近いシーズンのひとつだったと言えるだろう。

 また、ソフトバンクの周東佑京内野手は50盗塁を記録し、自身初の盗塁王のタイトルを獲得。出場試合数が103試合だったことを考えると、およそ2試合に1度の割合で盗塁を決めていたことになる。例年と同じ143試合であれば、盗塁数はより伸びていたことは想像に難くない。

 そこで今回は、この2選手が今季残した数字を143試合に換算すると、成績はどの水準に達するのかを紹介していきたい。さらに過去のパ・リーグにおけるタイトルホルダーたちとも比較。今季の中田と周東が残した数字の傑出度について探る。

 まず、中田がこれまでのキャリアで記録してきた成績について紹介したい。

 今季の31本塁打は、これまでのキャリアハイだった2015年の30本塁打を上回った。犠飛の数も、NPB史上2番目の多さとなるシーズン13犠飛を記録した2018年に次ぐ数字に。打率こそ.239と前年を下回ったものの、OPSも2015年以来5年ぶりに.800台に乗せており、打率から来る印象以上に、さまざまな面で充実したシーズンだったと言えそうだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」