野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

広島ドラ3大道が大学ラストゲームで示した成長 監督が「すげぇや」と感嘆した瞬間

今年のドラフト会議で広島から3位指名された八戸学院大・大道温貴投手は、正村公弘監督への感謝をこんな言葉で表現した。「僕という投手を作ってくれた」。春日部共栄高から進学し、投手育成に定評がある正村監督のもとで成長し、夢の扉を開いた。文字にすると、わずか二文字の「成長」だが、その過程はいかなるものだったのか。プロ入りを目指して進学した大学生と、これまで好投手を輩出してきた監督の4年間の物語――。第1回は学生野球ラストゲーム。

広島ドラフト3位・大道温貴(右)と八戸学院大・正村公弘監督【写真:高橋昌江】
広島ドラフト3位・大道温貴(右)と八戸学院大・正村公弘監督【写真:高橋昌江】

八戸学院大の正村監督と大道が歩んできた4年間の物語

 今年のドラフト会議で広島から3位指名された八戸学院大・大道温貴投手は、正村公弘監督への感謝をこんな言葉で表現した。「僕という投手を作ってくれた」。春日部共栄高から進学し、投手育成に定評がある正村監督のもとで成長し、夢の扉を開いた。文字にすると、わずか二文字の「成長」だが、その過程はいかなるものだったのか。プロ入りを目指して進学した大学生と、これまで好投手を輩出してきた監督の4年間の物語――。第1回は学生野球ラストゲーム。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

「すげぇや」

 ベンチの正村監督はマウンドを降りてくる大道を見て、そう思ったという。

 10月31日に行われた東北地区王座決定戦。東北福祉大との初戦は2-2で延長戦に突入した。タイブレークの延長10回、マウンドには5回から登板する大道がいた。2死二、三塁から2点の勝ち越しを許し、なおも2死三塁。フルカウントから選択したのはスプリットだった。133キロでスッと落ちた球に相手打者は空振り三振。傷口を広げず、エースはベンチに帰った。

 学生野球にピリオドを打った大道は試合後、こう話した。

「最後(捕手の)サインはインコースの真っ直ぐ。でも、そこで首を振れたということが大学での成長。高校の時だったら真っ直ぐを投げて打たれていたと思います」

 正村監督の囲み取材は大道の前に終わっていたため、駐車場に向かった。この場面について確認すると「よく投げたよ。リーグ戦では(勝負球で)放っていない。あんなところであんなの投げられないよ」と感嘆していた。

「ああいう変化球って、今の子、すぐに投げられちゃうんですよ。私は社会人野球(NTT東京・現NTT東日本)の最後にシンカーを覚えたけど、試合で使えるように投げようとしたら3年くらいかかる。そこまでしないと不安だから。でも、大道があの場面で投げて『半分、遊んでいるのかな』って思いましたよ(笑)」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」