野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「夜はほとんど寝てない」 名門復活担う元プロ監督、就任直後に甲子園当確できた訳

日本ハムや横浜(現・DeNA)などで投手として活躍した島田直也氏が今年7月の新チーム発足から母校・常総学院の監督を務めている。秋季関東大会に茨城2位で出場し、見事に準優勝。新人監督ながら、来春の選抜大会出場を濃厚にした。すぐに好結果が出たが、睡眠も食事も十分に取れないほど、大きなプレッシャーの中での戦いだった。

常総学院・島田直也監督【写真:荒川祐史】
常総学院・島田直也監督【写真:荒川祐史】

今春からコーチ就任、新チームから指揮し秋季関東大会準優勝

 日本ハムや横浜(現・DeNA)などで投手として活躍した島田直也氏が今年7月の新チーム発足から母校・常総学院の監督を務めている。秋季関東大会に茨城2位で出場し、見事に準優勝。新人監督ながら、来春の選抜大会出場を濃厚にした。すぐに好結果が出たが、睡眠も食事も十分に取れないほど、大きなプレッシャーの中での戦いだった。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 鮮烈な印象を残した1987年夏。爽やかな風を吹かせた当時のエースが監督として甲子園に戻ってくる。

 島田監督は当時1年生だった仁志敏久氏(現DeNA2軍監督)らと初出場のチームを準優勝に導いた。決勝戦は片岡篤史氏(元阪神)、立浪和義氏(元中日)、野村弘樹氏(元横浜)らのいたPL学園(大阪)に挑んだ夏だった。その後、ドラフト外で日本ハムに入団。横浜移籍後は中継ぎ投手として1998年の日本一にも貢献した。茨城県の高校野球界では知らない人はいない。

 この春から投手コーチとなり、7月中旬、監督に就任。2016年夏以降、遠ざかっている同校の甲子園出場の期待も大きく高まった。しかし、それは同時に島田監督にとっては大きな重圧だった。包み隠さず、就任当初のことを明かしてくれた。

「正直、周りが気になってしまいまして……『自分はどのように思われているんだろう』と。どうせプロ上がりのやつが来たから、勝って当たり前だろうとか、そう思われているのかなと、余計な事を思ってしまっていましたね」

 初陣となった茨城県秋季大会は2位。選抜の重要参考となる秋季関東大会に駒を進めた。初戦の前橋商(群馬2位)を破ると、木更津総合(千葉1位)、東海大甲府(山梨1位)と強豪を撃破。決勝は健大高崎(群馬1位)。9回に同点に追いつかれ、延長11回の末、敗れたが最後まで接戦だった。

「県大会も関東大会も夜はほとんど寝てないです。無理矢理、寝酒みたいなことをやっても、やっぱり寝られない。食事も全然でしたね……」

 ただ、そんな自分の姿を選手には見せられない。『プレッシャーを力に変えろ!』と言い続けていたのは監督自身だったから。現役時代によくやっていたメンタルコントロールでベットに入り、目を閉じる日々だった。

「選手の頃のマウンドは、良いイメージしか持ってなかったんです。もちろん、プレッシャーもありましたけど『ここで抑えればこうなっている』と抑えた後のイメージを持っていました。例えば、巨人戦で投げる時は『全国中継だよなぁ……テレビ映ってるよな』とか。まぁ、でも自分がプレーヤーとしてやっている方が楽です。ベンチで試合を見ている方が嫌です(笑)」

 緊迫した場面の登板は、駆け引きや技術などよりも、精神面を強くして、松井秀喜氏、高橋由伸氏ら巨人の強力打線に挑んでいったことを思い出す。

「すごいバッターばかりだったので、抑えたら『俺も有名になれる』というような感じはありました。なので(監督になった)今年も勝って、みんなと喜んでいるというイメージを自分の中で持っていました。選手に『監督、弱気じゃん!』とか思われたくないですしね。絶対に緊張はする。その緊張を僕も選手も力に変えていました」

 弱気な言動は選手たちにも影響を与える。自分が元プロ選手である以上、注目が集まってしまい、それが広がってしまうことは避けたかった。配慮しながら言葉を選んで采配をした。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」