野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

元女子プロ“美女9”が新米先生に 「やる気と愛情だけを…」決断を後押しした一言

野球人口の底辺拡大を願い、Full-Countでは女子野球の「今」を伝える連載を随時展開している。第2弾は、昨年春に女子野球部を立ち上げた駒大苫小牧。2004、05年夏の甲子園連覇に関わった茶木圭介監督の思いに続き、女子プロ野球選手から体育教師に転身した佐藤千尋部長の奮闘を2回に渡って紹介する。

駒大苫小牧女子硬式野球部・佐藤千尋部長【写真:石川加奈子】
駒大苫小牧女子硬式野球部・佐藤千尋部長【写真:石川加奈子】

駒大苫小牧で体育教師「私は本当に幸せだな、と思える子どもたち」

 野球人口の底辺拡大を願い、Full-Countでは女子野球の「今」を伝える連載を随時展開している。第2弾は、昨年春に女子野球部を立ち上げた駒大苫小牧。2004、05年夏の甲子園連覇に関わった茶木圭介監督の思いに続き、女子プロ野球選手から体育教師に転身した佐藤千尋部長の奮闘を2回に渡って紹介する。

「圧倒的」な強さで世界一を目指す 侍ジャパン女子代表・中島監督がW杯7連覇に懸ける想い(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 8年間の現役生活に幕を下ろして選んだ指導者の道。昨年春に創部した女子硬式野球部の部長だけではなく、文化・体育コース1年生の担任も務める新米先生は「生徒に助けられた1年でした。元気があって、仲が良く、楽しいことが大好きな子どもたち。やる時と抜く時のメリハリもつけられる。私は本当に幸せだな、と思える子どもたちです」と微笑んだ。

 教員免許がセカンドキャリアに生きた。引退後、女子野球部創部を目指していた駒大苫小牧から誘いを受けた。務まるかどうか迷っていたが、茶木監督から「やる気と愛情だけ持って来てくれたら、あとは俺がなんとかするから」と口説かれ決断した。

 指導歴の長い茶木監督から学ぶことは多い。「あの熱に心を動かされますし、教育とはこういうことなのかと考えたりします。人の器の大きさ、周りを見る視野の広さ、いろんなことを感じさせてもらっています。自分にとってプラスになると思ってここに来たことは、間違っていなかったと言えます。これも教員免許があってのご縁。(大学で)教職を目指して良かったです」と充実した第2の人生を送っている。

 プロ生活がグラウンド外でも役立っていると実感する場面もある。「8年間いろんな人と会い、人とコミュニケーションするのが苦ではなくなりました。元々、自分から会話する方ではなく『大人しいね』と言われたタイプ。今、積極的にアプローチしていけるのは、プロでの経験があったからです」。野球教室の子どもたちからスポンサーやメディア関係者まで、多くの人と真摯に接してきたことでコミュニケーション術が磨かれた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」