野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

GG賞の鷹甲斐やハム中田らはなぜ選ばれず? アナリストによる守備評価は…【捕手&一塁編】

米国には、データアナリストが選手の守備を分析し、その結果から優秀守備者を表彰する「Fielding Bible Awards」という賞が存在する。これに倣い、株式会社DELTAではアナリストの協力のもと、「1.02 FIELDING AWARDS」というNPBの優秀守備者を表彰する企画を開催している。

中日のダヤン・ビシエド(左)と木下拓哉【写真:荒川祐史】
中日のダヤン・ビシエド(左)と木下拓哉【写真:荒川祐史】

一塁でトップ評価だったのは中日のビシエド

 米国には、データアナリストが選手の守備を分析し、その結果から優秀守備者を表彰する「Fielding Bible Awards」という賞が存在する。これに倣い、株式会社DELTA(https://1point02.jp/)ではアナリストの協力のもと、「1.02 FIELDING AWARDS」というNPBの優秀守備者を表彰する企画を開催している。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

「1.02 FIELDING AWARDS」では、今年は9人のアナリストが各々の分析手法で選手の守備貢献を評価。今季各ポジションを500イニング以上守った12球団の選手を対象に順位付けし(1位:10点、2位:9点……)、最も多くのポイントを獲得した選手を最優秀守備者とした。今回は一塁・捕手でどのようなランキングになったかを紹介する。

 一塁手部門では、セ・リーグのゴールデン・グラブ賞を獲得したダヤン・ビシエド(中日)がこちらでもトップ評価を得ている。昨季の本企画においても、一塁手部門2位となっていたが、今季も安定の守備力を見せたようだ。アナリストの分析におると、ビシエドは一、二塁間の打球を多くアウトにすることで高い評価を得たようだ。

 また一塁手はほかの内野手と違い、味方野手の送球を受ける場面が非常に多い。この捕球時にショートバウンドとなった送球を捕球しアウトにできるかどうかは、一塁手の守備の見せ所だ。このプレーは「スクープ」と呼ばれる。一般的なセイバーメトリクスの守備指標ではこういったプレーを評価にしていないが、このプレーを評価対象とするアナリストもおり、このスクープ評価においても、ビシエドは23のショートバウンド送球のうち、19球で捕球を成功させており、高い評価を得ていた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」