野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

GG賞逃した巨人・岡本が満点 アナリストが選ぶ名手は?【二塁&三塁&遊撃編】

米国には、データアナリストが選手の守備を分析し、その結果から優秀守備者を表彰する「Fielding Bible Awards」という賞が存在する。これに倣い、株式会社DELTAではアナリストの協力のもと、「1.02 FIELDING AWARDS」というNPBの優秀守備者を表彰する企画を開催している。

巨人・岡本和真(左)と西武・源田壮亮【写真:荒川祐史】
巨人・岡本和真(左)と西武・源田壮亮【写真:荒川祐史】

遊撃手では西武の源田が4年連続で最高評価に

 米国には、データアナリストが選手の守備を分析し、その結果から優秀守備者を表彰する「Fielding Bible Awards」という賞が存在する。これに倣い、株式会社DELTA(https://1point02.jp/)ではアナリストの協力のもと、「1.02 FIELDING AWARDS」というNPBの優秀守備者を表彰する企画を開催している。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

「1.02 FIELDING AWARDS」では、今年は9人のアナリストが各々の分析手法で選手の守備貢献を評価。今季各ポジションを500イニング以上守った12球団の選手を対象に順位付けし(1位:10点、2位:9点……)、最も多くのポイントを獲得した選手を最優秀守備者とした。今回は遊撃・三塁・二塁の各ポジションの結果を2位以下の選手も含め紹介する。

 遊撃手部門ではパ・リーグのゴールデン・グラブ賞を獲得した源田壮亮(西武)が12球団最高の評価を得た。源田はこれでルーキーイヤーから4年続けての受賞。データの面から見てもNPBで最高の守備力をもっていることを証明し続けている。

 2位はセ・リーグのゴールデン・グラブ賞を獲得した坂本勇人(巨人)。セパのゴールデン・グラブ賞獲得選手がワンツーフィニッシュと、記者投票とデータ分析による投票の結果が一致する形となった。3位以下には、京田陽太(中日)、安達了一(オリックス)と上位常連選手が続いている。4位までの票は、ほぼこの4選手に集まった。

 打球処理評価を、捕球するまでと送球に分けたアナリストの分析では、この4選手それぞれに特徴が表れていた。源田については捕球、送球ともに圧倒的だった昨季ほどの成果は残せなかったよう。その一方で併殺をとる貢献でダントツの評価を得ている。坂本は捕球よりも送球による貢献が大きかったようで、アウトにするのが難しい長い距離のスローイングでも、ほかの遊撃手以上にアウトを増やしていた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」