野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

元NPB戦士が沖縄でプロを続ける意味 始動から1年…「琉球球団」の可能性と課題

沖縄初のプロ野球球団「琉球ブルーオーシャンズ」が本格始動してから1年。新型コロナウイルスの感染拡大によって、予期せぬ船出を強いられた。産声を上げたばかりのチームを支えるのは、多くのNPB経験者たち。元中日の亀澤恭平内野手は、南国にプロ野球がある日常の可能性を感じるとともに、当事者のひとりとして未来に向けた課題も実感している。

琉球ブルーオーシャンズの亀澤恭平【写真提供:琉球ブルーオーシャンズ】
琉球ブルーオーシャンズの亀澤恭平【写真提供:琉球ブルーオーシャンズ】

「琉球ブルーオーシャンズ」でコーチ兼任でプレーした元中日の亀澤恭平

 沖縄初のプロ野球球団「琉球ブルーオーシャンズ」が本格始動してから1年。新型コロナウイルスの感染拡大によって、予期せぬ船出を強いられた。産声を上げたばかりのチームを支えるのは、多くのNPB経験者たち。元中日の亀澤恭平内野手は、南国にプロ野球がある日常の可能性を感じるとともに、当事者のひとりとして未来に向けた課題も実感している。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 2019年限りで中日を戦力外となった亀澤が新天地に沖縄を選んだのには、いくつか理由があった。「人生で1回は沖縄に住んでみたいなって」と笑って言うのは、何番目かの動機。決断の大半を占めたのは「新しい球団への好奇心」と「沖縄の人情」だった。15年から中日の春季キャンプで毎年訪れ、この土地の温かさに触れてきた。

 まだ30代前半で、体はピンピンしている。周囲のほとんどは「好きなことをやればいい」と背中を押してくれた。創設メンバーのひとりとして、内野守備コーチ兼任として琉球に加入。心機一転迎えた20年は、いきなりコロナ禍で予想外の事態ばかりだった。

 チームの活動は一時ストップ。再開して試合するにしても、県内では相手は限られていた。打撃マシンがないなど、練習環境も発展途上。「NPBっていいところだったんだな」と痛感することもあったが、沖縄ならではの魅力もすぐに惹かれた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」