野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

NPB球団が「女子チーム」を持つ意義と希望 小林雅英氏語る「12球団に広がって」

昨年創設された「埼玉西武ライオンズ・レディース」に続き、阪神の女子硬式野球クラブチーム「阪神タイガース Women(ウィメン)」が今年2月から活動をスタートさせる。女子野球の現状、NPB球団が女子チームを運営する意義などを、2019年に日本女子プロ野球リーグの投手総合コーチとして所属全チームの指導にあたった元ロッテ投手、小林雅英氏に聞いた。

昨年発足した埼玉西武ライオンズ・レディース【写真:編集部】
昨年発足した埼玉西武ライオンズ・レディース【写真:編集部】

クラウドファンディングで活動資金を募る選手も

 昨年創設された「埼玉西武ライオンズ・レディース」に続き、阪神の女子硬式野球クラブチーム「阪神タイガース Women(ウィメン)」が今年2月から活動をスタートさせる。女子野球の現状、NPB球団が女子チームを運営する意義などを、2019年に日本女子プロ野球リーグの投手総合コーチとして所属全チームの指導にあたった元ロッテ投手、小林雅英氏に聞いた。

「圧倒的」な強さで世界一を目指す 侍ジャパン女子代表・中島監督がW杯7連覇に懸ける想い(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 ライオンズ・レディースは早速、昨年10月に千葉で行われた「第15回全日本クラブ選手権」で初出場初優勝を果たした。メンバー中、里綾実(さと・あやみ)投手は野球日本代表「侍ジャパン」女子代表として国際大会でMVPを3度獲得した実績を誇り、女子プロ野球選手として小林氏の指導を受けたこともあるが、2019年限りで愛知ディオーネから構想外通告を受けた。2020年に予定されていた女子野球W杯(コロナ禍で今年3月に延期=メキシコ・ティファナ)出場を目指し、クラウドファンディングで活動資金を募集。目標額の300万円を超える資金を得て、昨年は毎週末に生活拠点の愛知から車で埼玉の練習場へ通い、技術を磨いたという。

 タイガースWomenにも小林氏から指導を受けた元女子プロ野球選手が含まれている。4月以降、全日本女子野球連盟や関西女子硬式野球連盟主催の大会に参加する予定だ。

 ちなみに、全日本女子野球連盟が主催する最大の大会は、毎年8月の「全日本選手権」。昨年はコロナ禍で中止となったが、2019年の第15回大会にはクラブチーム20、大学6、高校6チームが参加して同じ土俵でトーナメントを戦い、尚美学園大学が5年ぶり5度目の優勝を飾っている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」