野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

体感温度は氷点下… 雪上ノックで全国頂点目指す駒苫女子「白い土ですから」

昨春創部した駒大苫小牧女子硬式野球部が屋外での雪上ノックをスタートさせた。2004、2005年と夏の甲子園連覇を果たした男子野球部が毎年行っているもの。常識を打ち破る練習法で全国制覇した男子に続き、3月27日開幕の第22回全国高校女子硬式野球選抜大会で初出場初優勝を目指す。

雪上ノックに励む駒大苫小牧女子野球部【写真:石川加奈子】
雪上ノックに励む駒大苫小牧女子野球部【写真:石川加奈子】

2004、05年夏の甲子園Vの男子野球部が毎年行っている

 昨春創部した駒大苫小牧女子硬式野球部が屋外での雪上ノックをスタートさせた。2004、2005年と夏の甲子園連覇を果たした男子野球部が毎年行っているもの。常識を打ち破る練習法で全国制覇した男子に続き、3月27日開幕の第22回全国高校女子硬式野球選抜大会で初出場初優勝を目指す。

「圧倒的」な強さで世界一を目指す 侍ジャパン女子代表・中島監督がW杯7連覇に懸ける想い(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 今年は降雪量が少なかったため、雪上ノックは1月31日に始まった。男子野球部長を務めていた茶木圭介監督が自らブルドーザーに乗り込み、半日で“白いグラウンド”を完成させた。

 取材した2月1日は気温0度だったが、風速10メートルの強風が吹き荒れていた。一般的に、風速1メートルで体感温度が1度下がると言われているから、マイナス10度くらいの感覚か。

 室内でアップしてからスパイクに履き替えた選手たちはキャッチボールを終えた後、グラウンドの脇に設置された薪ストーブで手を温めてからそれぞれのポジションに散っていった。時折カイロの入った尻ポケットに手を入れて指先を温めながら、元気にノックをこなしていく。

「普通ですよ、普通。気温がプラスかマイナスか、グラウンドが黒か白かの違いだけ。鳥籠の中の鳥になっちゃダメだから」と茶木監督は豪快に笑った。その手元を見ると手袋はつけておらず、素手だ。「選手も素手ですから」と慣れた手つきで30分間ノックバットを振り続けた。

 確かに“鳥籠”での練習には限界がある。床板の室内練習場ではスパイクを履くことはできないし、ゴロ捕球など基本的な練習はできてもノックはできない。高さのあるフライに対する感覚など屋外でしか養えないものがある。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」