野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「すごく自分の財産に…」 ロッテ藤岡に響いた平成の3冠王・松中コーチの教え

プロ4年目を迎える今季、ロッテ藤岡裕大は例年以上に強い気持ちを持って、来たるシーズンへの準備を進めている。

プロ4年目を迎えるロッテ・藤岡裕大【写真:荒川祐史】
プロ4年目を迎えるロッテ・藤岡裕大【写真:荒川祐史】

例を見ない激戦区の遊撃 「4年目、しかも社会人卒の4年目なんで…」

 プロ4年目を迎える今季、ロッテ藤岡裕大は例年以上に強い気持ちを持って、来たるシーズンへの準備を進めている。

「新外国人も来ますし、新人もいますし、今年ダメだったらもうダメ。そのくらいの気持ちでやらないと、結果もついてこない。4年目、しかも社会人卒の4年目なんで、今年こそは何とかしたいという気持ちでいます」

 藤岡は遊撃手として、昨年まで入団以来3年連続で開幕スタメン。シーズン中も主戦力として出場してきた。だが、キャンプイン前、井口資仁監督はレギュラーが決まっているポジションはないと明言。どのポジションも横一線で争わせる方針を示した。

 その中でも遊撃は例を見ない大激戦区となっている。藤岡の他にも、福田光輝、松田進、ドラフト3位ルーキーの小川龍成、新外国人のエチェバリアが居並び、さらにはベテラン鳥谷敬、三木亮、平沢大河、西巻賢二、キャンプイン後に右脚を痛めた茶谷健太らも控えている状態。隙あらば、あっという間に居場所がなくなる。

 これだけのライバルが揃う中、藤岡が勝負を懸けるのは打撃だ。強肩と思いきりの良さが光る守備も大切だが、守備自慢の選手も多く、差を付けるのは難しい。もっと自分がチームに貢献できる場所――それが打撃だ。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」