野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

琉球ブルーオーシャンズ、元ロッテ清水直行監督がGM兼任に「運営全般の責任者」

沖縄初のプロ野球球団「琉球ブルーオーシャンズ」は、1日付で清水直行監督がGM職に就任し「GM兼監督」となる人事を発表した。「これにより、現場のみならず、チーム運営全般の責任者となります」と説明している。

GM兼任となった琉球・清水直行監督(右)と田尾安志前GM【写真:岩国誠】
GM兼任となった琉球・清水直行監督(右)と田尾安志前GM【写真:岩国誠】

本格的に始動した2020年シーズンはコロナ禍で活動が制限

 沖縄初のプロ野球球団「琉球ブルーオーシャンズ」は、1日付で清水直行監督がGM職に就任し「GM兼監督」となる人事を発表した。「これにより、現場のみならず、チーム運営全般の責任者となります」と説明している。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 琉球球団は2020年シーズンから本格的に始動。ロッテと横浜(現DeNA)で通算105勝を挙げた清水氏が初代監督として就任した。元中日の亀沢や杉山らNPB出身者も在籍する中、1年目はコロナ禍により、県外で試合をすることなどが制限され、難しい船出となっていた。

 NPBでも、楽天の石井一久GMが今季から監督を兼任。ひとりで現場と編成のトップを共に担うことで、的確な補強やフロントとの意思疎通がスムーズになることも期待される。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」