野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

田中将大、8年ぶりの楽天復帰 再び同僚となる日本一メンバー11人の現在地は?

2013年以来8年ぶりの日本球界復帰となった田中将大投手。2013年といえば、田中将が24勝0敗という圧倒的な成績を残しチームを史上初の日本一へと導いた、ファンや関係者にとって非常に思い出深い1年である。当時から現在まで楽天で現役としてプレーを続けている選手の数は11人となっている。今回は、今季から田中将と再びチームメートになる、かつての優勝メンバーたちの現在に至るまでの歩みを紹介していきたい。

楽天・銀次、則本昂大、島内宏明(左から)【写真:荒川祐史】
楽天・銀次、則本昂大、島内宏明(左から)【写真:荒川祐史】

歓喜の日本一から7シーズン、ついに大エースが杜の都に帰ってくる

 2013年以来8年ぶりの日本球界復帰となった田中将大投手。2013年といえば、田中将が24勝0敗という圧倒的な成績を残しチームを史上初の日本一へと導いた、ファンや関係者にとって非常に思い出深い1年である。当時から現在まで楽天で現役としてプレーを続けている選手の数は11人となっている。今回は、今季から田中将と再びチームメートになる、かつての優勝メンバーたちの現在に至るまでの歩みを紹介していきたい。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

則本昂大の年度別成績
則本昂大の年度別成績

○則本昂大投手
 プロ初年度の2013年にいきなり開幕投手を務めて15勝を記録し、文句なしの新人王にも輝いた則本昂。田中将の退団に伴って2年目からは早くもエースの座を受け継いだが、2014年から4シーズン連続で200奪三振を超え、2018年まで5年連続で最多奪三振を獲得と、エースの称号に相応しいパフォーマンスを発揮。過去2年は故障もあって5勝止まりだったが、師と仰ぐ田中将の加入が復活のきっかけとなるだろうか。

福山博之の年度別成績
福山博之の年度別成績

○福山博之投手
 福山は2011年に入団した横浜では真価を発揮できなかったが、自由契約を経て移籍した楽天で才能が開花。2014年からは4年連続で65試合以上に登板し、いずれも防御率は2点台以下。2017年にはレギュラーシーズンでの黒星が一つもなく、防御率もあとわずかで0点台だった。2019年オフには故障の影響で育成登録に移行したが、2020年途中に再び支配下へ。1軍復帰後は防御率0点台と安定感も取り戻しており、完全復活の日は近いか。

辛島航の年度別成績
辛島航の年度別成績

○辛島航投手
 辛島は高卒2年目の2012年に8勝を挙げて防御率も2点台と、若くして先発として存在感を発揮。続く2013年にもクライマックスシリーズと日本シリーズでもそれぞれ先発し、球団史上初の日本一にも貢献した。2014年には自身初の規定投球回に到達したが、それ以降は故障もあり、規定投球回をクリアしたのはその1度のみとなっている。2020年の開幕前にも共に自主トレを行っていた田中将の古巣復帰が、飛躍への触媒となるかに注目だ。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」