元日ハム球団代表が日本女子ソフトボール機構チェアマンに就任 島田利正氏

会見に臨んだ島田利正氏【写真:片倉尚文】
会見に臨んだ島田利正氏【写真:片倉尚文】

島田氏は日本ハムのチーム統轄本部長、常務取締役などを歴任

 日本女子ソフトボール機構は17日、プロ野球・日本ハムの球団代表などを歴任し、現在は同機構の常務理事を務める島田利正氏が代表理事兼チェアマンに就任すると発表した。

 65歳の島田氏は1979年に英語通訳として日本ハムに入社。球団戦略室室長、チーム統轄本部長、常務取締役兼球団代表などを歴任。19年に退社し、昨年9月に日本女子ソフトボール機構の常務理事に就任した。

 また、同機構の副会長だった宇津木妙子氏が副会長兼キャプテンに就任することも合わせて発表された。

(片倉尚文 / Naofumi Katakura)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY