田澤純一が今季3セーブ目をマーク 台湾で無双、6試合で防御率0.00

味全の田澤純一【写真:Getty Images】
味全の田澤純一【写真:Getty Images】

1イニングあたりに出す走者を示す指標WHIPも0.30と驚異的な数字

 今季から台湾プロ野球(CPBL)の味全ドラゴンズに加入した田澤純一投手が30日、敵地での楽天モンキーズ戦で今季3セーブ目をマークした。3点リードの9回に登板して1イニングを3者凡退に封じて試合を締めくくった。

 3-0と味全リードで迎えた9回にマウンドに上がった田澤。先頭を左飛に打ち取ると、次の打者を二ゴロに打ち取り、簡単に2つのアウトを奪うと、最後の打者は一ゴロに。わずか8球で1イニングを3人で抑え、チームに勝利をもたらした。

 今季CPBLのペナントレースに正式に参戦した味全でクローザーを任されている田澤。ここまで6試合に登板して0勝0敗3セーブ、防御率0.00とまだ1点も失っていない。それどころか、1イニングあたりで走者を出す割合を示すWHIPもわずか0.30と驚異的な成績を残している。

【動画】3セーブ目を挙げた田澤純一

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY