元燕ドラ1左腕は独立Lに何を求める? 「NPBって目標もありますけど…けじめ」

先発したBC栃木・村中恭兵【写真:小西亮】
先発したBC栃木・村中恭兵【写真:小西亮】

BC栃木加入の左腕・村中恭兵、独立Lで初先発「投球自体はすごく良かった」

 元ヤクルトで、今季からルートインBCリーグ・栃木ゴールデンブレーブスに加入した村中恭兵投手が10日、本拠地開幕となる神奈川フューチャードリームス戦で独立リーグ初先発した。4回まで無安打の安定感で、5回を3安打2失点にまとめた。昨季限りで沖縄初のプロ野球球団「琉球ブルーオーシャンズ」を退団し、現役続行を決断。かつてのドラ1左腕は、新天地で自らの納得を求めてマウンドに立つ。

 球速は130キロ後半。それでも、3000人余りの観客は十分に“元NPB”を味わった。4回まで出した走者は、野手の2失策と四球による3人のみ。「真っ直ぐはしっかりコーナーに投げ分けられていた」とゴロの山を築いた。5回の先頭に左前打を許したが、続く打者を投手併殺打に。その後、連打から自らのグラブトス悪送球と暴投で2点は失ったものの「投球自体はすごく良かったかなと思います」と自己評価した。

 3日の埼玉武蔵ヒートベアーズとのリーグ開幕戦で、中継ぎとして独立リーグデビュー。この日は、元ロッテの成瀬善久兼任投手コーチから任され、まっさらなマウンドに上がった。元巨人の寺内崇幸監督も「マウンドさばきや、浮き沈みなく一定でいられるのはさすが。チームの支えになってくれると思う」とうなずいた。

昨季は琉球球団でプレーも「ある程度良くなってきた中で終わってしまって…」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY