開幕戦で感じた緊張感、独立LとNPBの違い… 元燕&楽天・由規が独占手記で綴る現状

BC埼玉武蔵・由規【写真:新保友映】
BC埼玉武蔵・由規【写真:新保友映】

4月3日の開幕戦、栃木を相手に6回1失点の好投

 ヤクルト、楽天に所属して通算32勝を挙げた由規投手は今季、独立リーグのルートインBCリーグ・埼玉武蔵ヒートベアーズに所属。「NPBへの復帰」を目標に新たなスタートを切った。開幕投手を務めた右腕は、初めての独立リーグのマウンドに何を感じ何を得たのか。開幕戦当日の心持ち、投球内容、若い選手と過ごす日々、これからやってみたいこと……31歳がFull-Countに寄せた独自手記を随時連載していく。【構成 / 新保友映】

 4月3日にルートインBCリーグが開幕して、僕は開幕戦、栃木ゴールデンブレーブスとの試合の先発投手を任されました。結構、緊張感がありました。それまでは、当日になったら試合をするだけ、投げるだけなので、そこまでじゃないかなと思ったんですけど……。

 NPBでは試合前に選手や監督、コーチと円陣を組んで話したりするというのはあったのですが、今回は球団スタッフ、(埼玉武蔵ヒートベアーズの球団運営等を行う)温泉道場の方、チアの方、みんなで集まって今日からやるぞっていうミーティングがあってそれも新鮮で。(角晃多)監督が「ここにいるメンバーは目標は違うけど、ここから次のステップに羽ばたこうとしていることは変わらないから」と話してくれました。

 選手はもちろんNPBを目指しているし、チアの子は良いパフォーマンスをしてもっと高いレベルでダンスをしたいという目標があって、そういう意味ではここから羽ばたいていくという目標を持っている仲間。1年で最初の試合だからみんなで力を合わせてやっていこうと。

 そこからは、バタバタした緊張感から「開幕戦だ、よしこれから1年が始まるんだぞ」という身の引き締まる思いに変わったというか、そういう意味では雰囲気を作ってもらった感じもありました。ヤクルトで開幕ローテーションに入った時以来の気持ちというか。でも今回は開幕投手だったので、さらにまた違った良い緊張感がありました。

NPB出身選手との対戦を「楽しみに頑張っていきたい」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY