ここまで驚異の4戦4勝 阪神の快進撃支えるガンケル、昨季との“変化”は?

阪神のジョー・ガンケル【写真:荒川祐史】
阪神のジョー・ガンケル【写真:荒川祐史】

ここまで4試合に先発して全勝、防御率1.09のガンケル

 阪神が好調だ。18日に本拠地・甲子園球場で行われたヤクルト戦に勝利し、5年ぶりの7連勝。今季19試合を終えた段階で15勝4敗の貯金11とし、巨人に3ゲーム差をつけて首位に立っている。

 スタートダッシュに成功した阪神は現在チーム打率.262、チーム防御率2.21がいずれも12球団で1位。投打の歯車がしっかりと噛み合っている。課題だった打線が活発なのはもちろん、チームの武器であった投手陣が変わらず奮闘。特に西勇輝、青柳晃洋、秋山拓巳、藤浪晋太郎、ジョー・ガンケルと規定投球回に到達している5人が全員、防御率1点台と先発陣が素晴らしい働きを見せている。

 この先発陣でも一際、光っているのが2年目を迎えた助っ人のガンケルだ。ここまで4試合に先発して4戦全勝。先発した全ての試合で6回以上自責点3以下のクオリティスタート(QS)を達成しており、防御率は1.09。安定感はチームでも随一となっている。

昨季は28試合に登板して防御率3.18と際立つ成績ではなかったが…

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY