“いま最もNPBに指名されるチーム” 巨人・増田大に続く21年一押しドラフト候補とは

徳島の亀山英輝、古市尊、楢崎塁、村川凪(左上から時計回り)【写真:球団提供】
徳島の亀山英輝、古市尊、楢崎塁、村川凪(左上から時計回り)【写真:球団提供】

8年間で計15人の指名を受けた徳島、谷田球団代表が今年のドラフト候補を紹介

 独立リーグの四国アイランドリーグplus・徳島インディゴソックスの谷田成吾球団代表が21日、Full-Count編集部を訪問。“今、ドラフトで最も指名されるチーム”として、2021年のイチオシ選手を紹介してくれた。

 毎年10月に行われるNPBドラフト会議。直近8年で見ると、最も指名されているのは徳島だ。大学野球の明大(14人)、社会人野球のJR東日本(14人)やENEOS(11人)、高校野球の大阪桐蔭(10人)などを上回り(他のカテゴリーを経由した選手は除く)、計15人が指名を受けている。

 最上位こそ17年のドラフト3位(西武・伊藤翔)ではあるが、代走の切り札としてポジションを確立した巨人・増田大輝(15年育成1位)のように一芸に秀でた選手が多いのが特徴。昨年まで8年連続でNPB選手を輩出している。

 独立リーグの場合、選手のスカウティング、育成、そしてNPB球団への売り込みが必要な要素。21日にリーグ戦PRのためにFull-Count編集部を訪問した谷田成吾球団代表は「そのどれも力を入れているが、特にスカウティングに強みがあり、可能性がある選手を獲得できている」と語る。

 昨年は行木俊(広島5位)、戸田懐生(巨人育成7位)の2人が指名を受けたが、今年はどうか。谷田代表に聞くと「特に面白いと思うのは4人います」と言い、それぞれの選手をセールスポイントを紹介してくれた。

 投手は入団2年目の23歳、札幌大出身の亀山英輝と日本済大出身の楢崎塁だ。「2人とも最速150キロを超えていて、去年からNPBに注目されている。楢崎は152キロを投げ、スラッターのような変化球がいい。亀山は今年落ちる球にチャレンジしている」と語り、中継ぎ候補として注目だ。

野手で注目は超俊足・村川凪「内野ゴロを安打に…とにかく速い」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY