4月だけで8本塁打量産、好調の要因は? 大谷翔平が見せる昨季からの“変化”と“進化”

エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

昨季から大きな変化を見せている初球のスイング率

 今季ここまで目覚ましい活躍を見せているエンゼルスの大谷翔平投手。打者としては、ここまでリーグ2位の8本塁打を放ち、投手としても3試合に先発している。“リアル二刀流”でも2試合に出場するなど、連日、日米の野球ファンを楽しませてくれている。

 特に光っているのが打者としての働きだ。ここまで25試合に出場して99打数26安打8本塁打20打点、打率.263を残している。不振に苦しんだ昨季は44試合で7本塁打に終わり、今季は4月の1か月間だけで、昨季の本塁打数を上回るアーチをかけた。

 わずか7本塁打に終わった昨季と一変した姿を見せている大谷だが、昨季とは一体どこに変化があるのか。セイバーメトリクスの指標、データを基に探ってみた。なお、データ、指標は5月1日(日本時間2日)現在のもの。

 様々な指標で昨季を超える数字を残している大谷だが、その中でも特に大きな変化を見せているデータがある。その1つが初球からスイングしていく割合を示す「First Pitch Swing%」だ。メジャー1年目の2018年は「32.2%」、2年目の2019年は「37.4%」だったが、昨季は「28.6%」と30%を切っていた。それが今季は大幅に改善。1日(日本時間2日)現在で45.1%と大幅に上昇している。

8本塁打中6本が初球ないし2球目までに打ったもの

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY