“原点回帰”の明大が法大を破る 前々週の連敗後、選手が取り組んだ野球以外のこと

完投勝利を挙げた明大・竹田祐(中央)【写真:小林靖】
完投勝利を挙げた明大・竹田祐(中央)【写真:小林靖】

慶大戦連敗後、田中監督が寮内清掃を選手に課したという

 東京六大学野球の春季リーグは第5週を迎え、8日の第1試合は3-1で明大が法大に競り勝った。エースの竹田祐投手(4年)がリーグ戦初完投勝利。第3週で慶大に2連敗を喫した悔しさを跳ね返した。

「1週空いて、その時間を本当に有効に使えたなっていう率直な気持ちです」。田中武宏監督は安堵感を滲ませながら試合を振り返った。4月24日は慶大に5-6で敗戦。竹田は6回途中6失点と不甲斐ない結果に終わっていた。翌25日も1-4でチームは2連敗を喫した。

 2週間前、神宮球場を後にした明大野球部は帰寮後、練習ではなくあることに取り組んでいた。「メンバーは帰って全員で寮内の清掃を行いました」。普段から技術のことはあまり口にしないという田中監督。チームの悪い流れを断ち切るために選手に課したのは寮内の清掃だった。

“人間力野球”を掲げる明大野球部。もちろん、普段から4年生がトイレの清掃を行うなど、「島岡寮」は清潔に保たれている。しかし、指揮官の狙いはただ綺麗にするということではもちろんなかった。「野球ができるという感謝を、ね。全員寮生活でやらせてもらっているのも親御さんがお金を払ってくれているから。綺麗にするのは当たり前。より一層日常生活を厳しくしました」。清掃後はグラウンドで練習もしたというが、誰一人嫌な顔せず法大戦に気持ちを向けていた。

エース竹田がリーグ戦初完投勝利&1年生の宗山が初本塁打

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY