2浪し一橋進学も、再受験し東大へ… 4番・井上慶秀が噛み締める思い「本当に幸せ」

ピンクのリストバンドをつけて試合に臨んだ東大・井上慶秀【写真:中戸川知世】
ピンクのリストバンドをつけて試合に臨んだ東大・井上慶秀【写真:中戸川知世】

東大の4番に座る井上は3年遅れで入学、今年で25歳を迎える4年生

 東京六大学野球春季リーグ第5週の第2日が9日、神宮球場で行われ、第1試合で東大は3-11で立大に敗れた。2回までリードする展開も、3回に5連打などで逆転を許し2017年秋から続く連敗は「63」となった。

 この日は「母の日」。球場のスコアボードの文字はピンクで表示された。東大の4番・井上慶秀内野手(4年)は、「前々から持っていたので……」と、チームの中で1人だけピンクのリストバンドを左腕に付けて試合に臨んだ。初回1死一、二塁の第1打席では先取点となる中前適時打、さらに6回にも中前打を放ちこの日は2安打1打点の活躍を見せた。

 普段から母親と連絡をとることは少ないというが、「今日は『いつもありがとうございます』とLINEしようと思います」と笑みを浮かべ感謝を口にした。

 井上は長野高から2浪の末に一橋大に入学し、準硬式野球部に入るも、東大のユニホームを着て野球をするという夢を捨てきれず再受験。結果、3浪した形で東大に見事合格し、神宮の舞台でプレーする夢を叶えた。「神宮球場でプレーできることは本当に幸せ」と感じながら、毎試合グラウンドを踏みしめている。

 175センチ、95キロの“ぽっちゃり体形”で、打席ではバットを少し短く持ちノーステップ打法で繋ぎに徹する。守備では人一倍声を出し、チームを盛り上げている。1年春からリーグ戦に出場し続け、今季はここまで全試合で4番に座る。初戦の早大戦では徳山壮磨投手(4年)から3安打を放ち、その日の試合後には「(猛打賞でも)自信はないです。僕ただ太ってるだけなんで……」と笑いながら語る愛らしさも持つ。

 前日8日は、8回2死までリードも、ミスが絡み逆転負け。「いい試合をしてくことに価値がある。ああいう試合を沢山経験していって、試合の中でもミスなくプレーできるように」と、敗戦を引きずらず、前を向く。今季は残り2試合しかない。次は東大勝利の連絡を母に入れるために、法大戦に臨む。

(上野明洸 / Akihiro Ueno)

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY