夢は元ハム田中賢介氏も認めた“北海道産” 指導者も兼務する唯一無二のバット職人

2003年に全日本クラブ野球選手権で優勝した金野健司氏【写真:石川加奈子】
2003年に全日本クラブ野球選手権で優勝した金野健司氏【写真:石川加奈子】

「ホーネッツ」の選手として2003年に全日本クラブ野球選手権で優勝した金野健司氏

 札幌市中心部から車で1時間30分。人口2000人の喜茂別町に居を構え、1人で木製バットを黙々と作っている職人がいる。札幌のクラブチーム「ホーネッツ」の選手として2003年に全日本クラブ野球選手権で優勝した金野健司氏だ。

 自宅兼工房を訪ねると「バット自体もそうですが、野球が好きなんですよ」と穏やかな笑みで出迎えてくれた。現在女子硬式クラブチーム「ホーネッツ・レディース」のヘッドコーチを務めており、服装は野球帽に練習用ウエア。まさに“野球小僧”といった風貌だ。

 ゴーグルとマスクを装着すると、一気に仕事モードに突入する。まずは角材を旋盤にかけて円柱に削っていく。難なくこなしているように見えても、両手に相当の衝撃が加わっていることは、その轟音が物語る。

 北海道教育大札幌校出身で高校の教員をしていたこともある金野氏がバットを作り始めたのは、クラブ選手権で優勝した翌年の2004年。当時のクラブ代表が「バットは高いから自分たちで作ろう」と発案した。「それまで関心はなかったのですが、一度作っているところを見せてもらい、やらせてほしいとお願いしました。発想がすごいと思って」とバット職人への道を歩み始めた。ビルの地下にある2畳ほどの広さの物置が最初の仕事場だった。

2019年秋に日本ハムの田中賢介内野手も北海道産ダケカンバ製バットを使用

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY