菊池雄星が示した投球の“深み” 世界一の打線を圧倒したリスクマネージメント

日本時間12日のドジャース戦に先発したマリナーズ・菊池雄星【写真:AP】
日本時間12日のドジャース戦に先発したマリナーズ・菊池雄星【写真:AP】

カットボールを狙われるのは想定内だった

■ドジャース 6ー4 マリナーズ(日本時間12日・ロサンゼルス)

 マリナーズの菊池雄星投手は11日(日本時間12日)のドジャース戦で、6回1/3を投げて6安打1四球3失点と好投したものの、白星を手にできなかった。7回途中、1点リードの場面で交代したが、救援陣が粘れず逆転負け。勝敗は付かなかったが、自己最多となる11個の三振を奪い、メジャー通算200奪三振に到達。この日の投球を支えたのが、配球に組み入れた“ボール球”の有効活用だった。

 リスク管理を図って上がったマウンドだった。

 今季6度の登板で軸にしてきたカットボールが、世界一のドジャース打線に狙われるのは想定内だった――。

「ベッツが初球からカットボールを目がけて振ってきたので(各打者は)インコース低めのカットボールに目線がくるんだろうなと感じてました。だから高めを使おうと思いました」

 1回裏、1番のムーキー・ベッツが初球のそれを強振。三塁への痛烈なゴロに仕留めた菊池は、この日の組み立てを決めた。

狙いが見えた4回のニューズの空振り三振の場面

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY