「黒魔術だ」「糸付いてる?」 静止するかのように見える“魔球”にファン驚愕

米国代表として長く活躍したリサ・フェルナンデス【写真:Getty Images】
米国代表として長く活躍したリサ・フェルナンデス【写真:Getty Images】

ソフトボール女子米国代表だったリサ・フェルナンデスのチェンジアップが話題に

 かつて女子ソフトボール米国代表のエースとして活躍したリサ・フェルナンデス。1996年アトランタ、2000年シドニー、2004年アテネ五輪金メダリストで、日本リーグのトヨタ自動車にも在籍して圧倒的な投球を披露した。

「ピッチング・ニンジャ」の愛称で知られる投球分析家のロブ・フリードマン氏が「リサ・フェルナンデス、とんでもないチェンジアップ(本塁からの視点)」として自身のツイッターにフェルナンデスの投球動画を投稿。ネット裏から撮影されたとみられる映像では、ボールが途中で一度静止したように見える。

 球界でもツインズ前田健太、杉内俊哉(元巨人など)、井川慶(元阪神など)らチェンジアップの使い手は数多いが、下から上に投げ上げるソフトボールのチェンジアップは一度浮き上がってから変化を見せるだけに“異質”。ファンは「後ろの人が動いているのを見るまで止まっているかと思った」「現実のものに見えない」「ブレーキのキキーって音が聞こえる」「風船でも投げたのか」「魔法としか言いようがない」「糸か何か付いてる?」「物理の法則に反している」などと驚きのコメントを寄せている。

【動画】「物理の法則に反している」超ブレーキ… ソフト元米国代表右腕の驚愕チェンジアップ

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY