2年ぶり交流戦の優勝チーム、注目選手は? 7人のプロ野球OBが見る優勝の行方

プロ野球解説者の真中満氏、五十嵐亮太氏、野口寿浩氏(左から)【写真提供:DAZN】
プロ野球解説者の真中満氏、五十嵐亮太氏、野口寿浩氏(左から)【写真提供:DAZN】

多村仁志、五十嵐亮太、真中満、桧山進次郎、斎藤雅樹、村田真一、野口寿浩に聞く

 早くも開幕から2か月が過ぎようというプロ野球2021シーズン。セ・リーグでは阪神が圧倒的な強さを誇る一方、パ・リーグでは例年以上の混戦模様が展開されている。梅雨空もモノともしない熱戦が繰り広げられる真っ只中の25日、ファン待望の「日本生命セ・パ交流戦 2021」がスタートする。

【PR】マルチライブ中継「BASEBALL ZONE」で交流戦を満喫しよう! プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 昨年はコロナ禍の影響により実施されず、2年ぶりとなる交流戦。ファンにとって普段は見られない貴重な対戦が楽しめる場だが、同時に各チームにとっては「交流戦を制するものはペナントレースも制する」と言われるほど、ここでの成績が後に優勝争いに大きな影響を与えることもある。

 2019年以前の5シーズンを振り返ってみると、ヤクルトが優勝した2018年を除き、ソフトバンクが貫禄の4度優勝を記録。リーグ間の勝敗を見てみると、交流戦がスタートした2005年以来、2009年を除く14シーズンでパ・リーグが勝ち越している。

 今季の交流戦はどんな展開となるのか、誰しも気になるところ。そこで「Full-Count」では、プロ野球OBで現在は解説者として活躍する多村仁志氏、五十嵐亮太氏、真中満氏、桧山進次郎氏、斎藤雅樹氏、村田真一氏、野口寿浩氏にアンケートを実施。「DAZN」で配信される「BASEBALL ZONE」で解説を務める7人の優勝予想、注目選手は……?

 ◇ ◇ ◇

【アンケート項目】
(1)交流戦の優勝予想チームは?
(2)セ・パ、勝ち越すのはどちら?
(3)ダークホースとなりそうなチームは?
(4)交流戦の注目選手は?
(5)過去の交流戦で印象に残ったシーンは?
(6)これだけは伝えておきたい、今季交流戦の注目ポイントは?

◇多村仁志氏(元横浜/DeNA、ソフトバンク、中日)
(1)阪神
(2)パ・リーグ
(3)オリックス
(4)阪神・佐藤輝明内野手、オリックス・吉田正尚外野手
(5)2006年に当時オリックスだった清原(和博)さんがクルーン(横浜)から放った逆転サヨナラグランドスラム。
(6)交流戦の結果次第でリーグ順位がガラッと変わることがある。2009年以来のセ・リーグ勝ち越しにも注目。

【PR】マルチライブ中継「BASEBALL ZONE」で交流戦を満喫しよう! プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

桧山氏が選ぶ思い出のシーンは、松坂甲子園不敗神話を破った自らの一発

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY