チーム最多4勝目の鷹マルティネス 巨人封じの“ゲームプラン”と王者の“強み”

ソフトバンクのニック・マルティネス【写真:藤浦一都】
ソフトバンクのニック・マルティネス【写真:藤浦一都】

「真っ直ぐを仕留められるチームなのでチェンジアップは多めに投げていこう」

■ソフトバンク 8ー3 巨人(29日・PayPayドーム)

 ソフトバンクは29日、本拠地PayPayドームで行われた巨人戦に8-3で大勝し、2019年から続く巨人戦の連勝を14にまで伸ばした。長谷川が2本塁打を放つなど今季最多の計5本塁打。投げては先発のマルティネスが7回まで3失点と好投して、チームトップの4勝目をマークした。

 立ち上がりにつかまった。初回先頭の松原に中前安打を許すと、ウィーラーには甘く入ったカットボールをバックスクリーン左に運ばれた。わずか4球で、いきなり2点を先制された。波乱の展開を予感させる立ち上がりだった。

 ただ、工藤公康監督の受け止め方は違った。

「初回打たれるまでは、全てを出すよりどこのボールが通用するか、探りを入れている最中での本塁打だった。そこからしっかりスライダー、チェンジアップを使っていきながら抑えていけた。まだ引き出しが残っていた分、そんなに焦る必要はないかなと思っていました」

 まだ、手探りの段階での失点であり、心配するほどではない。持ち球を駆使していけば、きっと抑えられるはず。そんな見通しどおりに、マルティネスは立て直していく。

「崩れることなくプラン通りに甲斐が立て直してくれた」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY