国学院大・山本ダンテ武蔵が追撃弾&3安打の活躍 富士大破り、初出場初勝利

6回に本塁打を放った国学院大・山本ダンテ武蔵【写真:中戸川知世】
6回に本塁打を放った国学院大・山本ダンテ武蔵【写真:中戸川知世】

山本は2017年甲子園V経験、リーグ首位打者・川村が勝ち越し打

 全日本大学野球選手権の2回戦が9日、東京ドームで行われ、国学院大が富士大に4-2で逆転勝利を収めた。3番の山本ダンテ武蔵外野手が2点を追う6回に左中間へ追撃のソロを放ち、そこからチームは逆転。山本は3安打2打点の活躍だった。

 先取点は富士大だった。4回2死二塁、富士大・麦谷祐介外野手(1年)が放った打球が右前でバウンド。打球は高くはねて、右翼・川村啓真(4年)の頭上を越えた。ボールが転々とする間に打者走者が生還。ランニング2点本塁打になった。

 2点を追う国学院大は6回2死から山本が左中間に弾丸ライナーのソロを放ち、反撃開始。7回無死三塁で青木寿修内野手(3年)の左前打で同点に追いつくと、後続が続き、2死一、三塁で川村が一塁頭上を越す、貴重な勝ち越し適時打。続く山本も3安打目となる左前適時打で1点を追加。点差を2点に広げた。

 山本は2017年、大阪桐蔭で選抜優勝を果たしたメンバーとして甲子園でも活躍。4年生の今年はリーグで5本塁打、17打点でリーグ2冠に輝いた。川村も打率.417で首位打者を獲得。2・3番の活躍で、チームは今大会初勝利を決めた。

(川村虎大 / Kodai Kawamura)

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY