田澤純一が語る台湾の厳格なコロナ対策と中断期間で得た手応え「方向は間違いではない」

台湾プロ野球の味全に所属している田澤純一【写真:Getty Images】
台湾プロ野球の味全に所属している田澤純一【写真:Getty Images】

5月中旬から2か月中断、シーズン再開もチームは低迷中

 今季台湾プロ野球(CPBL)の味全ドラゴンズに加入し、守護神を務める田澤純一投手。ここまで36試合に登板して1勝3敗15セーブ、防御率3.55を記録。チームの勝ち星がなかなか伸びない中、リーグ2位となる15セーブを挙げるなど、気を吐いている。(9月15日現在)

 新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、CPBLは5月17日から一時中断。当初は2週間ほどでの再開が見込まれたが、台湾では厳格な感染防止対策がとられている影響もあり、シーズンが再開したのは約2か月後の7月13日だった。CPBLでは1シーズンが前後期の2期制で行われているが、中断をはさんだこともあり、前期が終了したのは8月20日のこと。今季からリーグに再加入した味全はチームとして波に乗れず、前期は最下位で終了。同24日から始まった後期では勝ち越しを目指している。

 9月10日の富邦戦では2回を2安打無失点で、台湾で初勝利をマーク。時速150キロを超えるストレートが増えるなど調子を上げている田澤は今、何を感じながら過ごしているのか。【聞き手・構成 / 佐藤直子】

 ◇ ◇ ◇

 Full-Countをご覧の皆さん、田澤純一です。CPBLは後期が始まり、3週間が過ぎました。僕が所属する味全は新しいチームということもあり、試行錯誤が続いています。若い選手が多く、当初は2年後に勝てるチームになることを見据えるというチーム方針でしたが、成績不振が重なったこともあり、グレッグ・ヒバード投手コーチが解任されてしまいました。チーム作りの難しさを感じさせられた出来事です。

台湾の最優先事項は新型コロナ対策、五輪出場見送りも「淡々としていた」

RECOMMEND

CATEGORY