選んだ韓国でのプロ生活 定位置奪取へ早実“腕立て王子”が指導仰いだアマ選手の存在

現在は斗山ベアーズでプレーする安田権守【写真:球団提供】
現在は斗山ベアーズでプレーする安田権守【写真:球団提供】

早実の“腕立て王子”安田権守は現在、斗山ベアーズでプレー

 2010年夏の甲子園でプチブレークした早実の“腕立て王子”こと安田権守外野手は、道なき道をゆく勇敢なプロ野球選手になっていた。選んだのは日本ではなく韓国でのプロ生活。KBOリーグ史上初の7年連続韓国シリーズ出場をしている常勝軍団・斗山ベアーズに所属し、3年ぶりのV奪還を目指す。韓国へ挑戦したからこそ見えた、両国におけるトレーニング理論の違いがあった。

 早大では4年間のほとんどを野球部ではなくBCリーグなどで過ごした。群馬に在籍した2014年には元巨人のアレックス・ラミレス氏、元オリックスのフランシスコ・カラバイヨ氏らと共にリーグ総合優勝へ貢献。翌シーズンは武蔵で初代主将も務めた。大学卒業後に入社したカナフレックスでは日本選手権へ出場するなど、各チームで主軸として活躍。

 韓国でプロ野球選手になった2020年から2年連続で1軍スタートを切っている安田だが、「自分がこれまでやってきた野球はちっぽけだなと思わされた」と語る。「投手は日本の方が絶対にレベルが高い。だけど、打者は日本にも負けていない」。これまでの野球人生を振り返り、両国の“特徴”を実感したという。

長打力を磨くためDMで指導を依頼、原動力は“初めて”への挑戦

RECOMMEND

CATEGORY