野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田澤純一
  • 田澤は“レ軍一”過小評価されている選手 「最も頼れるセットアッパーの1人」

田澤は“レ軍一”過小評価されている選手 「最も頼れるセットアッパーの1人」

レッドソックスのセットアッパー、田澤純一投手が2013年ワールドシリーズ制覇の名門で最も過小評価されている選手に選出されている。

20150507_tazawa

米スポーツサイトが日本人右腕を高評価「静かに台頭してきた」

 レッドソックスのセットアッパー、田澤純一投手が2013年ワールドシリーズ制覇の名門で最も過小評価されている選手に選出されている。米スポーツサイト「ブリーチャー・レポート」が「各MLB球団で最も過小評価されている選手」と特集している。

 田澤は2009年にレッドソックスに加入。クローザーの上原浩治投手との日本人リレーはフェンウェイ・パークの見せ場の1つとなっている。

 寸評では「右腕はマイナー時代には先発ピッチャーとして多くの時間を過ごしたが、彼はメジャーに到達すると8イニング目を担う役割を切り開いた」とこれまでの役割の変遷を指摘。

 過去3年のデータも紹介されており、9イニング当たりの三振数は9・3、1イニングあたりの安打数+与四球数を示すWHIPは1・135、防御率は2・62と優れた成績を残している。47ホールドを記録し、この間のWAR(打撃、守備、走塁、投球を総合的に評価して選手の貢献度を表す指標)は3・6と指標上でも能力の高さを示しており、「彼は球界で最も頼れるセットアッパーの1人として静かに台頭してきた」と絶賛されている。

人気記事ランキング