野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田澤純一
  • 6戦連続無失点、田澤の起用法が鍵に 地元紙は上原へ頼りすぎの現状に警笛

6戦連続無失点、田澤の起用法が鍵に 地元紙は上原へ頼りすぎの現状に警笛

レッドソックスの田澤純一投手が19日(日本時間20日)、本拠地レイズ戦に4番手で登板し、1回を無安打無失点3奪三振1四球と好投した。

本拠地レイズ戦で1回3K無失点の快投、上原休養の一戦で役割果たす

 レッドソックスの田澤純一投手が19日(日本時間20日)、本拠地レイズ戦に4番手で登板し、1回を無安打無失点3奪三振1四球と好投した。前日には、開幕から抜群の安定感を見せてきた上原浩治投手が乱調で1イニングもたずに降板。地元メディアは上原に負担がかかりすぎている現状に警笛を鳴らしており、今後は田澤の存在がより重要なものになりそうだ。

 両チームともにスコアレスで迎えた8回から登板した田澤は、先頭のカサリを87マイル(約140キロ)のフォークで空振り三振に仕留める。続くフォーサイスはフルカウントからスライダーを見送られて四球。さらに二盗を許したものの、田澤は動じない。

 モリソンは追い込んでから89マイル(約143キロ)のフォークで空振り三振。最後は主砲ロンゴリアを2球で追い込み、89マイルのフォークで空振り三振に切って取った。ロンゴリアには3球全てフォークで空振りを奪う圧巻の投球だった。

 田澤は開幕2戦目のインディアンス戦で決勝ソロを浴びたものの、そこから6試合連続無失点と安定した投球を続けている。この日は、前日に乱調だった上原の休養が決まっていたため、9回の守護神キンブレルにつなぐ役割を果たした。試合は延長10回にバーンズが崩れて0-3で敗れたものの、ブルペンでは昨年までと同様に貴重な存在となっている。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中