野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

元巨人ボウカーが独立リーグ福島でプレーする理由 「日本で野球をしたい」

あのボウカーが帰ってきた。2012年から2シーズンは巨人、2014年は楽天でプレーしたジョン・ボウカー内野手。今季は岩村明憲監督率いるルートインBCリーグ福島ホープスの一員としてプレーし、再びNPBでプレーすることを目指す。

20160427_bowker_atp

巨人時代の12年は日本一に貢献、日本でのプレーは「大きな財産に」

 あのボウカーが帰ってきた。2012年から2シーズンは巨人、2014年は楽天でプレーしたジョン・ボウカー内野手。今季は岩村明憲監督率いるルートインBCリーグ福島ホープスの一員としてプレーし、再びNPBでプレーすることを目指す。

 巨人時代の12年にはクライマックスシリーズ(CS)で10打数5安打と活躍し、日本ハムとの日本シリーズでは2本塁打、7打点の活躍で日本一に貢献。翌13年8月17日の中日戦では第78代の4番打者も任された。ファンに愛された助っ人は今、どんな思いを胸に日本でプレーを続けているのか――。

 4月中旬の福島県福島市。試合会場となった信夫ヶ丘球場には、冬の名残を思わせる冷たい風が吹きつけたが、そんな寒さもものともせず半袖で元気にプレーするボウカーの姿があった。2012年からNPBで3年プレーした後、昨季はアメリカへ帰国。ジャイアンツとパイレーツ傘下3Aでプレーしたが、今季は再び日本で野球をすることに。そんなボウカーに話を聞いた。

――2年ぶりの日本球界復帰ですね。

「去年はマイナーリーグでプレーしたんだけど、やっぱり日本で野球をしたい、という思いが強くなったんだ。ジャイアンツで2年、楽天で1年戦って、そこで積んだ経験は、自分にとって非常に大きな財産になった。だから、もう一度日本で、NPBでプレーしたいと考えるようになったんだ」

人気記事ランキング