野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • コラム
  • 四国IL選抜、4試合連続サヨナラ負け…昨年に続き北米遠征の負け越し決定

四国IL選抜、4試合連続サヨナラ負け…昨年に続き北米遠征の負け越し決定

長い北米での戦いもいよいよ最終盤へ。「四国アイランドリーグplus ALL STARS」最後の訪問地は、カナダ・オンタリオ州オタワのレイモンド・シャボー・グラント・ソーントン・パークである。

オタワ・チャンピオンズとの3連戦初戦は延長戦決着

 長い北米での戦いもいよいよ最終盤へ。「四国アイランドリーグplus ALL STARS」最後の訪問地は、カナダ・オンタリオ州オタワのレイモンド・シャボー・グラント・ソーントン・パークである。現地時間6月28日19時5分(日本時間6月29日8時5分)より始まったオタワ・チャンピオンズとの3連戦初戦。5連敗・3試合連続サヨナラ負けで通算成績6勝10敗となり迎える彼らの意地に期待である。

 その意地とカブキJAPANエースの責任感を右サイドハンドがまず示す。ここまでの北米遠征3試合で防御率2.00、2勝0敗の原田宥希(香川オリーブガイナーズ)は、初回に2死一、三塁から5番打者に適時打を許すなどこれまでの登板と比べ明らかにボールに力がない状態だった。

 それでもストレート、スライダー、カーブ、シュート、チェンジアップを丹念にコーナーへ投げ分けて打たせて取った原田は、6回裏に勝ち越し打を許したとはいえ、被安打6、6奪三振、2失点。バトンをしっかりリリーフ陣に引き継ぐ。彼は間違いなく限界点を超えた「KABUKI SPIRITS!」の体現者となった。

 これに呼応し、「傾く(かぶく)」姿勢を見せたのは9番打者・平間隼人(徳島インディゴソックス)。4回表、1死二、三塁からニゴロで1打点。再び1-2とされた8回表1死二塁からは、ストレートを思い切り引っ張って右翼線を破る同点適時二塁打。これで平間はチームNo2の13打点目。とても9番打者とは思えない勝負強さである。

 かくして試合は延長戦へ。10回は両者チャンスをつかむも得点には至らず、11回からは無死二塁のタイブレーク制で決着をつけることになった。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中