野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田澤純一
  • マーリンズ田澤純一が歩いた数奇な野球人生…米メディア「イチローと真逆」

マーリンズ田澤純一が歩いた数奇な野球人生…米メディア「イチローと真逆」

米移籍以来8年を過ごしたレッドソックスからフリーエージェント(FA)となり、16日(日本時間17日)にマーリンズと2年契約を結んだ田澤純一投手。米スポーツ専門サイト「SBネーション」では、新天地マーリンズのファンに田澤を紹介する特集記事を掲載。わずか5年で、アマチュア選手からワールドシリーズ覇者となった田澤の数奇な野球人生について触れている。

新加入の右腕を大特集、「わずか5年でアマチュアからワールドシリ-ズ優勝」と特集

 米移籍以来8年を過ごしたレッドソックスからフリーエージェント(FA)となり、16日(日本時間17日)にマーリンズと2年契約を結んだ田澤純一投手。これまで所属するリーグが違ったため、マイアミのファンには決してなじみ深い存在ではなかった。そこで米スポーツ専門サイト「SBネーション」では、新天地マーリンズのファンに田澤を紹介する特集記事を掲載。わずか5年で、アマチュア選手からワールドシリーズ覇者となった田澤の数奇な野球人生について触れている。

 2008年オフ、社会人の新日本石油ENEOSからNPBを経ずに、レッドソックスとメジャー契約を結んだことは、日米で話題を呼んだ。日本でのプロ経験がない選手がメジャー契約を勝ち取ること自体が異例だったが、記事では、過去に掲載された「ニューヨーク・タイムズ」紙のインタビュー記事に触れながら、田澤が高校時代は無名選手だったことを紹介。「自分にメジャーで投げられる能力があるなんて考えても見なかった」という田澤の言葉を引用しつつ、アメリカでプレーすること自体が夢物語だったことを伝えている。

 だが、アメリカに渡ってからの田澤の成長ぶりは知っての通り。2Aで開幕を迎えた2009年、8月にメジャー昇格を果たした。8月7日、デビュー戦となった敵地でのヤンキース戦では、延長15回にアレックス・ロドリゲスにサヨナラ弾を浴びるホロ苦い経験もした。しかし、2011年に右靱帯再建手術から復帰後、翌年からは中継ぎとして好救援を繰り返すと、2013年には守護神・上原浩治につなぐセットアッパーとして、レッドソックスのワールドシリーズ優勝に大きく貢献した。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」